サムレスグリップ|懸垂やベンチプレスでの使い方とサムアラウンドとの比較

hand-1621180_960_720.jpg

バーベルやマシンバーの握り方である「サムレスグリップ」と「サムアラウンドグリップ」について解説します。

スポンサーリンク


当サイトのトレーニング記事は、トップアスリートの知見にのみ基づき制作されており、全日本3位以上実績者・日本代表選手経験者に限り執筆しています。執筆陣に関する詳細はこちらをご参照ください。また、当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

サムレスグリップとは?

サムレスグリップとは、英語表記で「thumbless grip」となり、直訳すると「親指のない握り」となります。

具体的には、親指を他の4本の指と同じ側で置く握り方で、ベンチプレスなどのプレス系トレーニング、デッドリフトなどのプル系トレーニングの両方に使用されます。

なお、通常のグリップ、すなわち親指と他の4本の指が向き合うように握るグリップ方法をサムアラウンドグリップと呼びます。

スポンサーリンク


プレス系種目のサムレスグリップ

thumbbench.jpg
(写真上サムアラウンドグリップ・下サムレスグリップ)

ベンチプレスなどで行われるサムレスグリップのメリットとしては、シャフトの重心が前後にブレやすいサムアラウンドグリップに比べ、重心を手首の真上で安定的に保持しやすく、これによって、よりストレートに負荷を筋肉に伝えやすいことがあげられます。

反面、バーベル落下のリスクもあるため、ある程度の練習・熟練が必要となります。

また、ベンチプレス競技を行う場合は、ルール上サムレスグリップは禁止されていますので、サムレスグリップに慣れてしまうと実際の競技で不利になります。

thumbdip.jpg
(写真上サムアラウンドグリップ・下サムレスグリップ)

また、サムレスグリップは、ディップ系の「下に押す」プレストレーニングでも有効で、使用することでよりストレートに上腕三頭筋に負荷を加えることが可能です。

プレス系サムレスグリップと組み合わせたいギア

プレス系サムレスグリップと組み合わせたいギアが「リストラップ」です。リストラップの種類と巻き方・使い方については下記の記事をご参照ください。

リストラップに関する基礎知識

スポンサーリンク


プル系種目のサムレスグリップ

thumbkensui.jpg
(写真上サムアラウンドグリップ・下サムレスグリップ)

懸垂・デッドリフト・ラットプルダウンといった背筋群をターゲットとしたプル系トレーニングにおいてもサムレスグリップは有効です。

thumblessrow.jpg
(写真上サムアラウンドグリップ・下サムレスグリップ)

ノーマルグリップ・リバースグリップ・パラレルグリップ(ハンマーグリップ)といった、あらゆる握り方においてサムレスグリップを併用することが可能です。

サムレスグリップのメリットとしては、親指を「握力によらず」に引っ掛けるように使うことで、握力が先になくなりがちな背筋トレーニングにおいて、最後まで背中の筋肉を追い込みやすくなることがあげられます。

逆に、サムレスグリップを多用していると握力が強化されにくことがデメリットとなります。

なお、デッドリフトでは、軽い重量でのリバースグリップサムレスグリップの組み合わせは有効ですが、高重量デッドリフトで一般的なオルタネイトグリップ(片手がノーマルグリップ、片手がリバースグリップ)においては、サムレスグリップはとても握りづらく、サムアラウンドグリップのほうが安定します。

▼関連記事

オルタネイトグリップ

プル系サムレスグリップと組み合わせたいギア

プル系サムレスグリップと組み合わせたいギアがパワーグリップです。その特徴や使い方については下記の記事をご参照ください。

パワーグリップおよびリストストラップに関する基礎知識

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

人気商品・人気記事の一覧

ONI・GLFITの人気商品

リストラップの選び方エルボースリーブの選び方トレーニングベルトの選び方パワーグリップの選び方

LARA★STARの人気商品

人気のオリジナル商品

Mazurenkoの人気商品

EACの人気商品

ONIARMの人気商品

シェアする

フォローする