アイソレーション種目(単関節運動)の特徴と具体的なやり方

Illu_upper_extremity.jpg

アイソレーション種目(単関節運動)の特性と具体的なトレーニング種目について解説します。

スポンサーリンク


当サイトのトレーニング記事は、トップアスリートの知見にのみ基づき制作されており、全日本3位以上実績者・日本代表選手経験者に限り執筆しています。執筆陣に関する詳細はこちらをご参照ください。また、当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

アイソレーション種目(単関節運動)とは?

単関節運動とは、単一の筋肉と関節だけを動作させる運動のことで、この動作運動のトレーニング種目をアイソレーション種目と言います。

ただし、厳密には単一の筋肉のみが収縮する動作というのはありません。これは、一つの動作に対し主働筋・協働筋・拮抗筋が収縮するからです。

ですので、トレーニング用語においては単一の主働筋をターゲットにした種目をアイソレーション種目と呼んでいます。

スポンサーリンク


大胸筋のアイソレーション種目

チューブチェストフライ

ダンベルフライ

ダンベルインクラインフライ

ダンベルデクラインフライ

マシンチェストフライ

ケーブルフライ

スポンサーリンク


背筋群のアイソレーション種目

チューブショルダーシュラッグ

チューブリバースフライ

ダンベルショルダーシュラッグ

ケーブルショルダーシュラッグ

バーベルショルダーシュラッグ

三角筋のアイソレーション種目

チューブフロントレイズ

チューブサイドレイズ

ダンベルフロントレイズ

ダンベルサイドレイズ

ダンベルリアラテラルライズ

スポンサーリンク


上腕三頭筋のアイソレーション種目

チューブキックバック

チューブプレスダウン

ダンベルフレンチプレス

ダンベルキックバック

ケーブルトライセプスプレスダウン

バーベルフレンチプレス

上腕二頭筋のアイソレーション種目

チューブカール

ダンベルカール

ダンベルハンマーカール

ダンベルサイドカール

ダンベルインクラインカール

ダンベルコンセントレーションカール

ケーブルカール

バーベルカール

スポンサーリンク


下半身のアイソレーション種目

チューブレッグカール

ダンベルレッグエクステンション

ダンベルレッグカール

マシンレッグエクステンション

マシンレッグカール

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

人気商品・人気記事の一覧

ONI・GLFITの人気商品

リストラップの選び方エルボースリーブの選び方トレーニングベルトの選び方パワーグリップの選び方

LARA★STARの人気商品

人気のオリジナル商品

Mazurenkoの人気商品

EACの人気商品

ONIARMの人気商品

シェアする

フォローする