ダンベルショルダープレス【種目解説|男女共用】三角筋全体の筋力トレーニング

ダンベルショルダープレスのトレーニング方法(正しいフォームとやり方のコツ)、対象となる筋肉部位、筋トレの目的にあわせた重さと回数の決め方をご紹介します。

あわせて、男性の筋肥大向きのセットの組み方も解説していきます。

当サイトのトレーニング記事は、トップアスリートの知見にのみ基づき制作されており、全日本3位以上実績者・日本代表選手経験者に限り執筆しています。執筆陣に関する詳細はこちらをご参照ください。また、当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

この筋トレの対象となる筋肉の部位

この筋トレ種目の対象となる筋肉は主に次の部位です。

三角筋・上腕三頭筋

さらに詳しく筋肉の名前と働きについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

筋肉の種類・名称と作用|部位ごとの鍛え方

筋トレ目的別の重さと回数の決め方

筋肉は筋繊維と呼ばれる細い細胞が束になってできていますが、その筋繊維には主に三種類あり、それは「遅筋繊維Ⅰ」「速筋繊維Ⅱa」「速筋繊維Ⅱb」です。筋トレの目的によってどの筋繊維をターゲットにするか変わってきます。

遅筋繊維Ⅰ

ダイエット筋トレの対象となる筋繊維で、20回以上の繰り返し動作で限界がくるような重さでトレーニングします。

速筋繊維Ⅱa

ボディメイク系トレーニングの対象となり、筋トレでやや太くなります。12~15回の繰り返し動作でで限界がくるような重さで鍛えます。

速筋繊維Ⅱb

バルクアップ筋トレの対象となり、強く筋肥大します。6~10回の繰り返し動作で限界がくるような重さでトレーニングします。

このように、トレーニング目的にあわせて重さと回数を決めることが筋トレの成果を出すためには大切です。

この筋トレ種目の動画つき解説

男性向き解説

ダンベルショルダープレス

女性向き解説

ダンベルショルダープレス

本種目の実施方法(フォームと注意点)

ダンベルショルダープレスは、三角筋の基本となるダンベルトレーニング種目で、正しく行えば三角筋全体に有効です。

つまり、ダンベルを押し上げるときに三角筋前部と中部、下ろすときにゆっくりとした動作で効かせることで後部にも負荷がかかります。

立って行うスタンディング形式は高重量を扱いやすい反面、どうしてもチーティング動作を使いがちになるので、初心者は座って行うシーテッド形式のほうが効率的です。

肩関節への負担を避けるため、肘が体幹の後ろ側にならないよう、あまり背中をそらせないように動作してください。

また、肩に痛みや違和感を感じる場合は、ダンベルシャフトが平行になるようにグリップするとよいでしょう。

具体的な筋肥大セットの組み方

アップとしてシーテッドダンベルショルダープレス(1~2セット)

17-02-01-16-34-56-568_deco-300x225.jpg

アップとして座って行うシーテッドダンベルショルダープレスを行います。重量を追求するのではなく、軽めの重量で反動を使わずゆっくりと動作し、三角筋全体にしっかりと効かせることを主眼に行います。

追い込みとしてスタンディングダンベルショルダープレス(2~3セット)

追い込みとして最適なのが、高重量でのスタンディングダンベルショルダープレスです。セット終盤で膝の屈伸を使ってチーティングしてもよいので、可能な範囲で高重量で行います。

仕上げにパラレルダンベルショルダープレス(1~2セット)

仕上げとして、グリップの角度を変えて三角筋を違う角度で刺激できるパラレルダンベルショルダープレスを行います。

スタンディングでもかまいませんが、仕上げ種目としてはシーテッドで反動を使わずに行うことをおすすめします。

関連記事

筋力トレーニング種目一覧

筋力トレーニング各種目の具体的な実施方法は下記ページをご参照ください。

筋力トレーニング130種目一覧(男女別)

男性の筋肉部位別トレーニング

大胸筋の筋力トレーニング

背筋群の筋力トレーニング

三角筋の筋力トレーニング

上腕の筋力トレーニング

下半身の筋力トレーニング

女性の筋肉部位別トレーニング

女性の大胸筋トレーニング

女性の背筋群トレーニング

女性の三角筋トレーニング

女性の上腕三頭筋トレーニング

女性の上腕二頭筋トレーニング

女性の下半身トレーニング

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

シェアする

フォローする