ワイドスクワット【種目解説|男女共用】自重・チューブ・ダンベル・バーベル・マシンを使ったやり方

ワイドスクワット(自重・チューブ・ダンベル・バーベル・マシン)のトレーニング方法(正しいフォームとやり方のコツ)、対象となる筋肉部位、筋トレの目的にあわせた重さと回数の決め方をご紹介します。

当サイトのトレーニング記事は、トップアスリートの知見にのみ基づき制作されており、全日本3位以上実績者・日本代表選手経験者に限り執筆しています。執筆陣に関する詳細はこちらをご参照ください。また、当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

この筋トレの対象となる筋肉の部位

この筋トレ種目の対象となる筋肉は主に次の部位です。

大腿四頭筋

臀筋群

内転筋群

このなかでも本種目は、特に内転筋群に有効です。

さらに詳しく筋肉の名前と働きについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

筋肉の種類・名称と作用|部位ごとの鍛え方

筋トレ目的別の重さと回数の決め方

筋肉は筋繊維と呼ばれる細い細胞が束になってできていますが、その筋繊維には主に三種類あり、それは「遅筋繊維Ⅰ」「速筋繊維Ⅱa」「速筋繊維Ⅱb」です。筋トレの目的によってどの筋繊維をターゲットにするか変わってきます。

遅筋繊維Ⅰ

ダイエット筋トレの対象となる筋繊維で、20回以上の繰り返し動作で限界がくるような重さでトレーニングします。

速筋繊維Ⅱa

ボディメイク系トレーニングの対象となり、筋トレでやや太くなります。12~15回の繰り返し動作でで限界がくるような重さで鍛えます。

速筋繊維Ⅱb

バルクアップ筋トレの対象となり、強く筋肥大します。6~10回の繰り返し動作で限界がくるような重さでトレーニングします。

このように、トレーニング目的にあわせて重さと回数を決めることが筋トレの成果を出すためには大切です。

この筋トレ種目の動画つき解説

男性向き解説

自重スクワット

チューブスクワット

ダンベルスクワット

ダンベルワイドスクワット

スミスマシンスクワット

バーベルスクワット

女性向き解説

ワイドスクワット

ダンベルワイドスクワット

本種目の実施方法(フォームと注意点)

自重ワイドスクワット

ワイドスクワットは大きく足幅を開いて行うスクワットです。足はやや外向きに開き、つま先の方向と膝の向きを揃えます。通常のスクワットと違い、斜め後方ではなく下方に腰を下ろし、太ももが床と平行になるまでしゃがんだら、反動を使わずに立ち上がります。

特に注意したいポイントが、膝の向きとつま先の向きを揃えることで、これができておらず股関節が外旋(外股状態)または内旋(内股状態)で行うと、股関節のみならず膝関節にも負担となりますので注意が必要です。

チューブワイドスクワット

自重でのワイドスクワットに、少しだけ負荷を追加したい場合に有効なのが、トレーニングチューブを用いたチューブワイドスクワットです。

首にトレーニングチューブをかけ、両端を足で踏んで固定して行います。

ダンベルワイドスクワット

ダンベルワイドスクワットは、自重でのワイドスクワットにダンベルのウエイト負荷を追加したバリエーションです。

図のようにダンベルを肩で保持するバリエーションのほかに、バランスがとりにくい場合はダンベル一つを足の間で両手で保持するバリエーションもあります。

バーベルワイドスクワット

バーベルワイドスクワットはバーベルを用いて行う、足を大きく開いたスクワットのバリエーションです。ワイドスタンススクワットとも呼びます。

全てのワイドスクワットバリエーションのなかでも、もっとも高負荷を筋肉にかけることが可能です。

スミスマシンワイドスクワット

バーベルワイドスクワットの導入種目としても有効なのが、スミスマシンを使ったワイドスクワットです。

スミスマシンの特性として、軌道が一直線に固定されており、フォームのズレが全て身体に返ってきますので、事前にシャフトだけで軌道とフォーム確認を実施することが推奨されます。

関連記事

筋力トレーニング種目一覧

筋力トレーニング各種目の具体的な実施方法は下記ページをご参照ください。

筋力トレーニング130種目一覧(男女別)

男性の筋肉部位別トレーニング

大胸筋の筋力トレーニング

背筋群の筋力トレーニング

三角筋の筋力トレーニング

上腕の筋力トレーニング

下半身の筋力トレーニング

女性の筋肉部位別トレーニング

女性の大胸筋トレーニング

女性の背筋群トレーニング

女性の三角筋トレーニング

女性の上腕三頭筋トレーニング

女性の上腕二頭筋トレーニング

女性の下半身トレーニング

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

シェアする

フォローする