バーベルベンチプレス【筋肥大向き】バルクアップ向きの負荷重量設定とセットの組み方

大胸筋の筋肥大のために最適な、ベンチプレスの筋トレメニューを具体的(バリエーション種目の順番・負荷回数設定)に例示します。本記事内容は、解説種目と関連種目のみで最効率にバルクアップをすることを前提にしたプログラムです。

当サイトのトレーニング記事は、トップアスリートの知見にのみ基づき制作されており、全日本3位以上実績者・日本代表選手経験者に限り執筆しています。執筆陣に関する詳細はこちらをご参照ください。また、当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

筋肥大で鍛える筋繊維

速筋タイプⅡbをターゲットにする

筋トレをして筋肥大を狙う場合、速筋のなかでもタイプⅡbと呼ばれる、収縮速度が速く(Fast)グリコーゲン(Glycogen)をエネルギー源とするFG筋繊維を鍛える必要があります。

具体的には10回前後の反復回数で限界がくる負荷設定で行います。自重トレーニングでは動作速度をゆっくりし、他のウエイトトレーニングでは重量で調整します。

ベンチプレスが効果のある筋肉部位

ベンチプレス系のトレーニングは、大胸筋を中心として三角筋や上腕三頭筋にも効果があります。

▼詳しい筋肉の名称・構造・作用

筋肉の名称と種類|部位ごとの作用と役割

具体的な筋肥大筋トレメニュー

アップとしてノーマルベンチプレス(2~3セット)

まずは、通常のアップ&通常トレーニングとしてノーマルのベンチプレスを3セットほど行います。負荷回数設定は、8回で限界がくる調整が最適です。

また、競技で高重量プレスを目指すのではなく、大胸筋のバルクアップを考慮した場合、あまり高いブリッジは組まずに筋力だけで挙上を行うことが大切です。

なお、本セットに入るまでに、軽めの重量で数セットほどアップのアップを行ってください。

追い込みとしてデクラインベンチプレス(2~3セット)

追い込みとして、ノーマルベンチプレスよりも高重量で行え、大胸筋のなかで最大体積の下部に効果のあるデクラインベンチプレスを数セット行います。

使用重量は6回で限界がくる重めの負荷設定がバルクアップには適していますが、肩に負担のかからないよう、完全に肩甲骨を寄せた状態で挙上動作を行ってください。

なお、セット終盤で苦しくなったら、やや腰を浮かせてセルフチーティングしても、より大胸筋下部に有効な軌道になるので問題ありません。

仕上げにインクラインベンチプレス(1~2セット)

仕上げとして数セットほど行いたいのが、大胸筋上部に有効なインクラインベンチプレスです。

やや軽めの10回で限界がくる負荷回数設定が最適です。

また、セット終盤で苦しくなっても腰を浮かせるとせっかくの大胸筋上部に効果のある軌道が、ノーマルベンチプレスの軌道と変わらなくなってしまいますので、最後まで腰は浮かせず、補助者に挙上補助を行ってもらうようにしてください。

バルクアップのために組み合わせたい種目

大胸筋内側に効果のあるダンベルフライ

ベンチプレス系種目では鍛えにくい大胸筋内側に効果の高いダンベルフライを組み合わせると、大胸筋の発達は加速します。

ダンベルフライは高重量にこだわらず、完全にコントロールできる軽めの重量で、できるだけダンベルを下までおろし、大胸筋を最大伸展・最大収縮させることが重要です。

また、腕を閉じたポジションでダンベル同士を合わせ、ダンベルをやや押し上げる動作を加えることで大胸筋内側が完全収縮して効果が倍増します。

バルクアップ筋トレメニュー

575913726_1280x720-crop_20170124190849309.jpg

バルクアップトレーニングのメニューの組み方

バルクアップの食事

筋力トレーニングを実施したら、そこで満足して終わるのではなく、トレーニング効果を最大限高める食事・栄養摂取をする必要があります。特にバルクアップにおいては正しい食事の摂取が成果を出すための鍵です。

筋力トレーニングと食事

バルクアップのビタミン・ミネラル

筋肥大・バルクアップのためには、食事だけでなくプロテイン・アミノ酸・ビタミン・ミネラルの適切な摂取も重要になってきます。

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

人気商品・人気記事の一覧

ONI・GLFITの人気商品

リストラップの選び方エルボースリーブの選び方トレーニングベルトの選び方パワーグリップの選び方

LARA★STARの人気商品

人気のオリジナル商品

Mazurenkoの人気商品

EACの人気商品

ONIARMの人気商品

シェアする

フォローする