【ダンベルフライプレス】大胸筋の発達停滞期におすすめのハイブリッド筋トレ

大胸筋の発達停滞期に、その突破の引き金としておすすめのハイブリッド筋トレがダンベルプレス+ダンベルフライのダンベルフライプレスです。具体的なやり方を動画つきで解説します。

■ダンベルフライプレスのメリット

大胸筋の筋肥大に有効とされるのがエキセントリック収縮(伸長性収縮)と呼ばれる負荷で、筋肉が筋繊維方向に引き伸ばされながら収縮する(負荷に耐える)動作です。この点で、ダンベルフライプレスはダンベルプレスに比べて大胸筋の伸展率が高く有利になります。

また、筋肥大に不可欠な要素として、筋肉に高負荷をかける必要がありますが、この点でダンベルフライプレスはダンベルフライよりも高重量が扱えるので有利です。

もちろん、このことは言い換えると、ダンベルフライプレスはダンベルフライより伸展率が悪く、ダンベルプレスより軽い重量しか扱えないとも言えますので、ダンベルプレスやダンベルフライの刺激に大胸筋が慣れてくる時期に、停滞期突破のきっかけの種目として考えるようにしてください。

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止

pectoralis-major_2018040621421476e.png

読みかた:だいきょうきん

英語名称:pectoralis major muscle

部位詳細:上部中部(内側)下部

起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~第6肋軟骨腹直筋鞘前葉

停止:上腕骨大結節稜

-------【人気記事PR】-------

スポンサーリンク

---------------------

■ダンベルフライプレスの動画とやり方

こちらがダンベルフライプレスの具体的な動画です。注意点はボトムポジションから挙上に入る折り返し点で反動を使わないことです。

肩関節を痛めないためにも、大胸筋をしっかりとエキセントリック収縮させ、ダンベルを下ろすスピードにブレーキをかけるようにしてください。

■おすすめのダンベル

当ジムで実際に試用しているダンベル類は、下記のタイプようなリーズナブルなラバーダンベルですが、全く問題もなく長年使用しています。

20170526193634135.jpg

▼関連記事

20170526193621336.jpg

また、女性や初心者におすすめのダンベルがこちらのようなアーミーダンベルです。表面がプラスチック加工されている上、多角形をしているので、床や家具を傷つけず、錆も出ず、転がることもありません。

20170701042918904.jpg

当ジムで実際に使用しているアーミーダンベルを分解撮影し、その構造と重量の組み方や使い方を詳しく解説したのが下記の記事です。是非ご一読ください。

▼関連記事

■この記事を読んだ人におすすめの記事

スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする