【おすすめ握力トレーニンググッズ】強化やリハビリにも効く筋トレ器具のご紹介 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【おすすめ握力トレーニンググッズ】強化やリハビリにも効く筋トレ器具のご紹介

トレーニング情報について調べる

「握力」は日常だけでなくさまざまなスポーツで必要となります。そのため、たくさんの種類のトレーニンググッズが作られており、その中でも代表的であるのがハンドグリッパーです。しかし、こちらの記事ではハンドグリッパー以外の「握力」を鍛えれるトレーニンググッズをメインにご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■握力の三種類

●クラッシュ力・ピンチ力・ホールド力

hand-1278394_960_720.jpg

体力検査などで測定する、いわゆる「握力」は三種類ある握力のうちの「クラッシュ力」と呼ばれる力です。クラッシュ力は「物を握りつぶす強さ」と表現することができ、このほかにも握力には「つまむ力」であるピンチ力、「握りを維持する力」であるホールド力があります。

本記事では、「クラッシュ力」を「握力」として、その平均値、鍛え方、トレーニング器具グッズやハンドグリップについて解説していきます。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■握力の平均値と世界記録

●リンゴを握りつぶす握力も紹介

apple-464182_960_720.jpg

平成26年度の日本人の年齢別・性別の握力の平均値は以下の通りです。

年齢:男性|女性
6歳:9.15kg|8.54kg
7歳:10.95kg|10.37kg
8歳:13.00kg|11.90kg
9歳:4.80kg|13.77kg
10歳:6.97kg|16.78kg
11歳:19.80kg|19.42kg
12歳:24.58kg|21.95kg
13歳:30.15kg|24.37kg
14歳:35.38kg|25.53kg
15歳:39.05kg|25.85kg
16歳:41.08kg|26.98kg
17歳:43.01kg|27.45kg
18歳:42.12kg|26.40kg
19歳:42.34kg|26.58kg
20-24歳:46.46kg|28.24kg
25-29歳:47.26kg|28.15kg
30-34歳:47.36kg|28.73kg
35-39歳:47.64kg|28.97kg
40-44歳:47.23kg|29.12kg
45-49歳:46.62kg|29.21kg
50-54歳:46.31kg|28.04kg
55-59歳:44.90kg|27.51kg
60-64歳:42.87kg|26.01kg
65-69歳:39.77kg|24.72kg
70-74歳:37.46kg|23.75kg
75-79歳:35.02kg|22.34kg

※文部科学省平成26年度年齢別テスト結果より

▼参考サイト

文部科学省の平成26年度年齢別テスト結果

また、リンゴを握りつぶすために必要な握力は、およそ70~80kgと、男性の握力の平均値を大きく上回っています。

なお、握力のギネス世界記録を保持しているのは、スウェーデンのアスリート(ストロンゲストマン選手権)のマグナス・サミュエルソン氏で、その握力はなんと192kgを記録しています。

■握力の鍛え方の基本

●30~100回の反復回数で毎日何回も鍛える

calendar-1990453_960_720.jpg

前腕の筋肉のなかでも、握力に関係する筋肉群は日常での使用頻度が極端に高いため、通常の筋肉の筋トレのような鍛え方では全く強くなりません。具体的には30~100回の反復回数で限界がくる負荷で鍛える必要があります。

そして、回復力も非常に高い筋肉群ですので毎日どころか、一日に何回にも分けて鍛える必要があります。

筆者もアームレスリングの日本代表選手だった頃は、自宅・ジムはもちろん、職場や通勤用の自家用車にもハンドグリップを置いておき、隙間時間に一日10~20セットほどトレーニングをしていました。最も握力を鍛えていた時期には、ハンドグリップをキーホルダーにして持ち歩いていたほどです。

握力を強くするためには、とにかく握力グッズを使ったり、ハンドグリップを握った回数に比例すると言えるでしょう。

■おすすめTOP5

おすすめ握力グッズ①ハンドマスター

◎HAND MASTER ハンドマスター プラス 3種類強弱セット CP-37

▼Amazonで比較する

アズワン (AS ONE) ハンドマスタープラス

こちらはボールについている5つの輪に各指を通し、グーパーすることにより握力を鍛えるグッズです。輪は取ることができ、ボール単体でも使えます。握力強化以外にウォーミングアップとしても用いることができ、さまざまなレベルの人に合ったグッズとなっています。

おすすめ握力グッズ②パワーフィンガー

パワーフィンガー 【 BODYMAKER ボディメーカー 】 02P03Dec16

▼Amazonで比較する

BB-SPORTS BODYMAKER パワーフィンガー POF

こちらは各指をフックに引っ掛けて握ることで握力を鍛えます。各指ごとに硬いバネがつけられているのでかなりハードなトレーニングを行うことができます。一般的であるハンドグリッパーとは違い個々の指を全力で鍛えることができるので、上級者におすすめです。

おすすめ握力グッズ③ハンドエクササイザー

D&M ハンド・エクササイザー【05P03Dec16】【P03Dec16】

▼Amazonで比較する

セラバンド ハンド・エクササイザー ブラック DA005

こちらはゴム素材のボールで、握ったり、指で摘んだりすることにより鍛えられます。ボールの強度は5段階あり各個人のレベルに合ったものを使うことができます。どちらかというと女性や高齢者の方が握力を鍛えるのにおすすめです。

おすすめ握力グッズ④AROMA

AROMA/アロマ AHF-03/BK【smtb-TK】

▼Amazonで比較する

AROMA/アロマ AHF-03/BK

こちらは人差し指から小指まで独立したボタンがつけられていて、指を重点的に鍛えることができます。それぞれのボタンは4ポンド~7ポンド(1.8~3.2kg)の範囲で調整が可能で、自分の力に合わせて使用することができます。音楽会社が作っているグッズなので、楽器演奏のために指を鍛えたい人には特におすすめです。

おすすめ握力グッズ⑤パワーボール

カワセ KAWASE ローラーリストボール グリーン IMC-59

▼Amazonで比較する

IRONMAN・CLUB ローラー リストボール IMC-59

こちらは見慣れない方が多いのではないでしょうか。使い方は手首を回し本体の中にあるボールを暴れるくらいまで回転させ、その時に上下左右に激しく動くボールを保持することにより握力を鍛えることができます。何度もボールを回しているとかなり効きます。おすすめできるポイントとしては楽しみながら鍛えれることです。子供や高齢者の方も使うことができます。

■おすすめのハンドグリップ

それでは、ここからはハンドグリップをタイプ別に、各メーカーからご紹介していきます。

●ノーマルタイプ

▼Amazonで比較する
エバニュー ハンドグリップ

国産ハンドグリップの元祖とも言えるのが、老舗トレーニング器具メーカーのエバニュー製ハンドグリップです。リーズナブルなので、自宅・車・職場などあちこちに置いておくのにも気軽です。なお、グリップ部分がプラスチックなので、高頻度で鍛えると手の平の皮がむけてきてトレーニングを継続できなくなるのが難点です。

▼Amazonで比較する
イグニオ ハンドグリップ

▼Amazonで比較する
adidas(アディダス) プロフェッショナル グリップ トレーナー ADAC-11400

高頻度で本格的に握力トレーニングをするのならば、イグニオやアディダスなどのスポーツメーカー製ハンドグリップがソフトグリップで手の平にも負担がなく、また人間工学に基づいたグリップ形状設計になっているのでおすすめです。

▼Amazonで比較する
ラヴィ ハンドグリップ クリアフィット

また、女性むきのハンドグリップとしては、ラヴィのクリアフィットタイプがお洒落でおすすめです。

なお、通常タイプのハンドグリップの最大の難点は、握力が強くなるたびに買い換えないといけないことです。ですので、長期的に握力を鍛えていきたい方には、次の項目でご紹介する強度調整タイプやイヴァンコタイプ(スーパーグリッパー)がおすすめです。

なお、通常の握力グリップの各メーカ比較一覧を重さ別に作成しましたので、是非ご活用ください。

▼関連記事

●強度調整タイプ

長期的に握力を鍛えていく予定の方は、ボディーメーカーやワイルドフィットから発売されている強度調整式のハンドグリップがおすすめです。

ただし、何万回も何十万回も反復すると、プラスチック製のグリップはいずれ割れますので、本格的に握力強化を行いたい方は、次に紹介するスーパーグリッパータイプの一択になります。

●イヴァンコタイプ(スーパーグリッパー)

▼Amazonで比較する
IVANKO(イヴァンコ) スーパーグリッパー SP-28

筆者も20年以上使い続け、全く壊れる気配もないのが、スウェーデン鋼製バーベルで有名なイヴァンコのスーパーグリッパーです。筆者の握力はMaxで80kgですが、調整式のバネの配置は、まだまだ強く設定できるので握力100kgオーバーの方が鍛えていくのにも十分だと思います。

なお、スーパーグリッパータイプは、いくつかのメーカーから発売されていますのでご紹介しておきます。詳細は各リンク先でご確認ください。

▼Amazonで比較する
IRON AMERICAN スーパーグリッパー

▼Amazonで比較する
IROTEC(アイロテック) スーパーマルチグリッパー

■筋トレについて調べる


■その他おすすめ握力グッズ

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする