アンダーアーマーアウトレット

【おすすめ筋トレ用トレーニンググローブ】タイプ・メーカー・素材別に紹介|その効果も解説

おすすめの筋トレ用トレーニンググローブをタイプ・メーカー・素材別に一覧にしました、またそれぞれの特徴についても解説しました。また、合わせてその効果についても解説します。

■目次

■トレーニンググローブの種類
■トレーニンググローブの効果
■おすすめのトレーニンググローブ

■トレーニンググローブの種類

トレーニンググローブには大きく三種類があり、それぞれに用途が異なります。

●水洗いでき手軽なナイロングローブ

まず、最もリーズナブルで軽量なタイプがこちらのようなナイロン製のトレーニンググローブです。フィットネスやダイエット筋トレにおすすめです。

簡単に丸洗いできるのが特徴ですが、自重を越えるような負荷でのトレーニングには、耐久性の観点から不向きです。

●本格筋トレなら革製一択

本格的にウエイトトレーニングとして筋トレに取り組むのならば、必須となるのがこちらのような革製のトレーニンググローブです。

特に、100kgを越えるようなウエイトを扱うのなら、革製一択になります。

●ハード筋トレには手首サポーターつき革グローブ

さらに高重量を扱う中級者~上級者クラスになると持っておきたいのが、こちらのような手首サポーター機能のついた革製のトレーニンググローブです。

おおまかに分類して、トレーニンググローブは以上の3つのタイプに分けられます。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■トレーニンググローブの効果

トレーニンググローブを使うことで、次のような効果があります。

●手の平にできるタコを予防

とくに、ダイエット筋トレをする女性にとって、手の平にできるバーベルダコは邪魔以外の何ものでもありません。

トレーニンググローブを装着することにより、バーと手の平の間の摩擦と負荷が軽減し、タコができるのを防ぐことができます。

●バーをグリップしやすくなる

トレーニンググローブを装着することにより、汗ですべるなどがなくなり、バーをグリップしやすくなります。

バーをしっかりとグリップすることで、より的確に負荷を筋肉にかけることができる効果があります。

ただし、自重を越えるような重量を扱う場合、逆にグローブの厚みが邪魔になる場合もあり、筋トレ上級者のなかには素手でトレーニングを行う人も少なくありません。

●衛生的にトレーニングできる

ジムのバーベルやマシンのバーは、不特定多数の人が触りますので、グリップ経由で風邪をもらったりするケースもあります。

その点、トレーニンググローブをつけていれば衛生的に筋トレができます。

■筋トレについて調べる


■おすすめのトレーニンググローブ

■通販サイトで人気のナイロン製トレーニンググローブ

楽天市場で人気ランキング上位のナイロン製トレーニンググローブは以下の通りです。詳細に関しては、各リンク先でご確認ください。

スポーツブランドのナイキらしい、スポーティーな軽量トレーニンググローブです。

プーマからもお洒落なトレーニンググローブが発売されています。女性にもおすすめです。

※サイズ等は各リンク先ショップ内でご確認、ご選択ください。

▼Amazonで見てみる

Amazonトレーニンググローブ一覧

■通販サイトで人気の革製トレーニンググローブ

通販サイトで人気の革製トレーニンググローブは以下の通りです。詳細に関しては、各リンク先でご確認ください。

トレーニンググローブの老舗ハービンジャーのトレーニンググローブは、定番グッズとも言えるでしょう。

質実剛健なゴールドジムのスタンダードトレーニンググローブは、使いやすさと耐久性からファンの多い定番グローブです。

ナイキやプーマに比べ、ウエイトトレーニング部門に力を入れるアディダスからは、本格的なトレーニンググローブが発売されています。

※サイズ等は各リンク先ショップ内でご確認、ご選択ください。

▼Amazonで見てみる

Amazonトレーニンググローブ一覧

■通販サイトで人気のサポーターつき革製トレーニンググローブ

通販サイトで人気のサポーターつき革製トレーニンググローブは以下の通りです。詳細に関しては、各リンク先でご確認ください。

リストラップつきトレーニンググローブの定番中の定番が、ゴールドジムのアルティマタイプです。

ハービンジャーのリストラップつきトレーニンググローブも、非常に愛用者の多い人気モデルです。

※サイズ等は各リンク先ショップ内でご確認、ご選択ください。

▼Amazonで見てみる

Amazonトレーニンググローブ一覧

お気に入りのトレーニンググローブは見つかりましたら幸いです。

▼関連記事

シェアする

フォローする