【スレンダートーンプレミアム】最新EMS腹筋ベルト・アブベルトの実際の使用感と強度レベル別効果 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【スレンダートーンプレミアム】最新EMS腹筋ベルト・アブベルトの実際の使用感と強度レベル別効果

トレーニング情報について調べる

20170521055324941_20170521061639673.jpg

ショップジャパンから発売されている最新式のEMS腹筋マシンであるスレンダートーン・プレミアム・アブベルトを実際に使用しましたので、その使用感の口コミ評価をするとともに、強度レベル=電流の強さ別の腹筋の収縮感・感じた効果をレポートします。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■EMS腹筋ベルトって?

●電気刺激で強制的に筋肉を収縮させる仕組み

pattern-1341253_960_720_20170521062656635.jpg

人間の筋肉が、体内で発生される微量な電流によって収縮していることは、中学・高校の生物の授業などでも習いましたが、その理論をスポーツ科学分野に応用したものがEMS=「Electrical Muscle Stimulation」=「電気筋収縮」です。

EMSの研究は、リハビリなどの医療分野において1960年代から行われるようになり、現在では医療分野のみならず、スポーツ分野でも実際に機器が販売されるようになり、プロスポーツ選手などもトレーニングのなかに組み入れていることが知られています。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■スレンダートーンプレミアム・アブベルトのご紹介

●公式動画・商品詳細・公式ホームページのご紹介

こちらが、スレンダートーンプレミアム・最新式EMS腹筋ベルト・アブベルトの効果をわかりやすく説明した公式動画です。まずは、こちらをご覧ください。

また、セット内容および商品詳細は次の通りになります。

○セット内容

・コントロールユニット×1

・充電器×1

・腹筋ベルト×1

・パッド×1セット(大1、小2)

・ポーチ×1

・取扱説明書×1

・クイックスタートガイド×1

○商品詳細

・適応サイズ:ウエスト61cm~95cm

・材質:ナイロン、ポリウレタン、ポリプロピレン、シリコンなど

・製造国:本体・中国製、パッド・アメリカ製

・保証期間:1年

さらに詳しくは、下記のメーカー公式ページをご覧ください。

▼スレンダートーン公式ページ

スレンダートーン公式サイト ‐ 巻くだけで腹筋!

■スレンダートーンプレミアム・アブベルトの使い方

●ベルトにパッドを貼ってお腹に巻いてスイッチを入れるだけ

20170521070429743.jpg

実際に使ってみました。こちらの写真のように、ベルト本体にジェルパッド(繰り返し使用可)を貼り、お腹に巻いてスイッチを入れるだけです。なお、事前にコントロールユニットを充電しておく必要があります。

こちらが、スレンダートーンプレミアム・アブベルトの使い方を説明した公式動画になります。詳細は動画でご確認ください。

■スレンダートーンプレミアム・アブベルトの強度レベル

●0~150までの段階で電気刺激の強さが調整できる

20170521074044832_20170521074156734.jpg

スレンダートーンプレミアム・アブベルトは、その電気刺激の強さが0から150までの段階で調整できます。その実際の使用感と、強度レベル別の腹筋収縮感や感じた効果をご紹介します。

○強度レベル0~49

軽く電流を感じる程度です。腹筋自体の収縮はほとんど感じませんが、お腹全体が心地よく刺激されます。

○強度レベル50~99

この強度になると、腹筋が強制的に収縮させられているのがかなり感じられます。特に強度レベル80~99くらいになると、驚くくらい腹筋がピクピクと収縮します。基本となる20分の使用で、軽く腹筋運動をした後のような効果を感じました。

○強度レベル100~150

強度レベルが100~150になると、相当に腹筋が収縮します。はじめての方は驚いてしまうかもしれません。

説明書によると、強度レベル100以上は上級者むきとのことで、アブベルトの使用にある程度慣れてからの実施が推奨されています。20分の使用で、腹筋に適度の疲労感が残る効果を感じました。

ショップジャパン 【公式】 スレンダートーン 腹筋ベルト (アブベルト) [メーカー保証1年付] 男女兼用 【正規品】

スレンダートーンプレミアム・アブベルトは、上のリンク先からAmazonで購入いただけます。

20170723054423517.jpg

なお、スマホ連動型の最新型EMS腹筋ベルトに関しても、実機を入手して試用レポートを公開しましたので、あわせてご一読ください。

▼関連記事

■筋トレについて調べる


■この記事を読んだ人におすすめの記事

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする