末尾に毎週更新のお得品情報あり

【ケーブルローイング】背筋のマシン筋トレの基本とグリップによる効果の差異を解説

ケーブルローイングは広背筋や僧帽筋といった背筋全体に効果の高い、背筋のマシン筋トレの基本とも言える種目です。そのフォームややり方を動画をまじえて解説します。

■ケーブルローイングが効果のある筋肉部位


読みかた:こうはいきん
英語名称:latissimus dorsi muscle
部位詳細:上部下部
起始:下位第6胸椎~第5腰椎の棘突起・肩甲骨下角第9~12肋骨正中仙骨稜・腸骨稜後方
停止:上腕骨小結節稜

●僧帽筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:そうぼうきん
英語名称:trapezius muscle
部位詳細:上部中部下部
起始:後頭骨上項線・外後頭隆起・頚椎棘突起第7頚椎・第1~3胸椎棘突起第4~12胸椎棘突起
停止:肩甲棘・肩峰

●長背筋群・脊柱起立筋の英語名称・構造・部位詳細


読みかた:せきちゅうきりつきん
英語名称:erector spinae muscle
部位詳細:腸肋筋最長筋棘筋
長背筋群=脊柱起立筋+多裂筋+回旋筋など

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

ケーブルローイングは広背筋中央部と僧帽筋を中心に、長背筋や上腕二頭筋にも効果があります。

-------【人気記事PR】-------

---------------------

■ケーブルローイングの動画とやり方

こちらがケーブルローイングの模範的な動画です。そのポイントは以下の通りです。

○スタートポジションで完全に背筋を伸展させる

○上体は床と垂直よりやや斜め後ろまで倒すが倒しすぎない

○顎を上げ肘を開かないように引く

○最後は肩甲骨を寄せ背筋を完全に収縮させる

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

ケーブルローイングは広背筋中央部と僧帽筋に効果的なケーブルトレーニングですが、グリップ(ケーブルアタッチメント)によって効く部位が変化します。

●アタッチメントの違いによるケーブルローイングの種類

・パラレルグリップケーブルローイング

パラレルグリップで動作を行うと、肘があまり開かないので僧帽筋に対する負荷の比重が高くなります。トレーニングジムなどでケーブルローイングマシンに標準装備されているアタッチメントです。

・ストレートバーケーブルローイング

また、ストレートバーを使いリバースグリップ(手の甲が上)で行うと、やや肘が開き気味になるため広背筋に負荷がかかり、ノーマルグリップ(手の平が上)で行うと上腕二頭筋に対しても負荷がかかります。

こちらが、ストレートバーを使ったリバースグリップケーブルローイングの模範的な動画です。

こちらが、ストレートバーを使ったノーマルグリップケーブルローイングの模範的な動画です。

・ロープケーブルローイング

また、柔道やレスリングなどコンタクトスポーツでの実戦的な引く力をつけたい場合は、こちらのようなロープアタッチメントの使用がおすすめです。

こちらがロープアタッチメントを使ったケーブルローイングの動画です。より実戦的に鍛えるためには、このように立って行うのがベストで、引く角度も滑車の位置を変えて、上から・横から・下からと変化させることをおすすめします。

・マイアタッチメントを揃えるのもあり

全てのケーブルアタッチメントが揃っているジムは、意外と少ないものです。どうしても行いたいトレーニングがある場合は、ジムに許可をとってマイアタッチメントを用意するのも一つの手段です。

▼関連記事

■ケーブルローイングの順番と回数設定

ケーブルローイングは仕上げ系の複合関節種目ですので、デッドリフトやニーベントローなど高重量背筋系トレーニングの後に行う種目です。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼マシントレーニングなら

▼背筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする