【チェストプレスマシンの使い方】大胸筋の基本マシントレーニングを動画で解説

大胸筋のマシントレーニングの基本種目と言えるのがマシンチェストプレスです。

■マシンチェストプレスが効果のある筋肉部位

チェストプレスは大胸筋を中心に、三角筋と上腕三頭筋に効果があります。

■チェストプレスの動画とやり方

こちらが、マシンチェストプレス模範的な動画です。あまりテクニックは必要ありませんが、一つ注意したいことがあります。

それは、拳を肩のラインよりも下にすることで、これは肩関節への負担を避けるため必ず注意して欲しいポイントです。

この図のように肩と拳の位置関係がなるように、シートの高さを調節してからセットに入ってください。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

セット終盤で動作が苦しくなると、つい顎を上げ、シートに頭を押し付けている方が少なくありませんが、大胸筋と首の連動性から、必ず顎を引いて動作を行い大胸筋を完全収縮させてください。また、肩・肘・手が常に同一のラインになるようにすることで、効率的に大胸筋に負荷がかかります。

■チェストプレスの順番と回数設定

マシンチェストプレスは大胸筋の複合関節種目なので、フライ系種目など単関節種目の前に行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする