末尾に毎週更新のお得品情報あり

【大胸筋内側のチューブトレーニング】フライ系種目でメリハリを作る筋トレ方法

チューブチェストフライのバリエーションを中心として、大胸筋内側のチューブトレーニングを詳しく解説します。

大胸筋内側を鍛えると深い谷間ができ、見た目にメリハリのある胸まわりになります。

■大胸筋の構造と作用

大胸筋は上部・下部・内側・外側に分けられ、主に主に腕を前に押し出す作用があり、それらは以下の通りです。

○大胸筋上部

腕を斜め上に押し出す作用があります。

○大胸筋下部

腕を斜め下に押し出す作用があります。

○大胸筋内側

腕を体幹の前面で閉じる作用があります。

○大胸筋外側

腕を体幹の側面で閉じる作用があります。

■大胸筋内側の鍛え方

●腕を胸の前で閉じる軌道の筋トレを行う

大胸筋内側に負荷を加えるためには、胸の前で腕を閉じる動作の筋トレを行う必要があります。

・チューブチェストフライ

真っ直ぐ前方に向かって腕を閉じていくチューブチェストフライは、大胸筋内側のチューブトレーニングの基本種目です。

肘をやや曲げた状態で、腕が床と並行になる軌道で開閉していきます。腕を閉じたポジションで、やや前方に拳を押し出す動作を加えることで大胸筋内側が完全収縮して効果が倍増します。

・インクラインチューブチェストフライ

斜め上方に腕を閉じる軌道で行うインクラインチューブチェストフライは、大胸筋内側のなかでも上部に対して効果の高いバリエーションです。

・デクラインチューブチェストフライ

デクラインチューブチェストフライは、斜め下方へ腕を閉じる軌道で行うため、大胸筋内側下部に効果の高いバリエーションです。

・クロスオーバーチューブチェストフライ

両手をクロスさせながら行うクロスオーバーチューブチェストフライは、大胸筋内側が非常に強く収縮する種目です。

また、一回ごとに左右の拳の上下を変えることで、片側はインクライン軌道、もう片側はデクライン軌道になるので、1セットで大胸筋内側の上部から下部まで鍛えられ効率的です。

■おすすめのトレーニングチューブ

トレーニングチューブは強度の違うタイプを個別に揃えていくと割高になります。

下記の記事でご紹介しているような、複数本がセットになったものがリーズナブルでおすすめです。

▼おすすめのトレーニングチューブ

■この記事を読んだ人におすすめの記事

▼チューブトレーニングなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする