末尾に毎週更新のお得品情報あり

【前鋸筋の作用と鍛え方】自重・ダンベル・ジムでの筋トレ方法を解説

前鋸筋(ぜんきょきん)は小胸筋と共働して僧帽筋と拮抗する作用を持つ胸部インナーマッスルで、腕を前方に押し出す動きに強く関わることから、別名「ボクサー筋」とも称されるスポーツ競技に重要な部位です。

その構造と作用を解説するとともに、具体的な自宅(自重・ダンベル)やジム(マシン・バーベル)でのトレーニング方法をご紹介します。

■前鋸筋の構造と作用

●肩甲骨・肋骨に作用し腕を前に押し出す

こちらは前鋸筋を真横から見た図ですが、前面は第1~第9肋骨を起点として広がり、背面側は肩甲骨の裏面に接合しています。このため、前鋸筋は肩甲骨と肋骨とに作用しますが、前鋸筋が収縮した場合のそれぞれの動作は以下の通りです。

○肩甲骨:前外方に引かれる

○肋骨:斜め上方に引きあがる

そして、この二つが連動すると「前に出した腕をさらに押し込む」動作が発生します。

前鋸筋が別名「ボクサー筋」と呼称されるのは、この「前に出した腕をさらに押し込む」動作により、腕が伸びた状態からさらにパンチを押し込むときに作用する筋肉で、パンチ力に大きく影響するからです。

■前鋸筋を鍛えることで得られる効果

前鋸筋を鍛えることで得られる効果は大きく二つあり、それは以下の通りです。

●腕を押し出す力が強くなる

ボクサー筋の別名通り、前鋸筋を鍛えることで腕を押し出す力が強くなります。これにより、打撃格闘技はもちろん、押す動作のあるコンタクト系スポーツ全般で競技能力が向上します。

●体幹側部の外観が良くなる

前鋸筋を鍛えて凹凸がでると、前から見た時に大胸筋と広背筋の間の空間にボコボコ感が生じ、見た目が非常に良くなります。

■自宅での前鋸筋の鍛え方

●セレイタス腕立て伏せ(自重トレーニング)

前鋸筋は肩甲骨を前方に引き出した状態(背中を丸めた位置)で完全収縮します。このため、動画のように腕を真っ直ぐに伸ばして固定し、さらに背中を丸めたポジションで、腕を曲げずに小刻みに身体を押し上げる特殊な腕立て伏せで鍛えることができます。

前鋸筋の名称にちなんで、セレイタスプッシュアップと呼ばれています。

●ダンベルセレイタスプレス(ダンベル筋トレ)

セレイタスプッシュアップの姿勢を、筋力的に維持するのが難しいという方におすすめの自宅トレーニング方法が、動画のようなダンベルセレイタスプレスです。

動作としては、ちょうどセレイタスプッシュアップを仰向けに行うようなイメージで、背中を丸め、完全に腕を伸ばして固定し、小刻みにダンベルを上下させます。

■ジムでの前鋸筋の鍛え方

●バーベルセレイタスプレス

バーベルで前鋸筋を鍛えるのに最適な種目が、ベンチプレスの変形トレーニングであるバーベルセレイタスプレスです。

通常のベンチプレスで押し切ったポジションから、さらに背中を丸めて腕を押し出すことで前鋸筋を完全収縮させます。

●ケーブルセレイタスプレス

ケーブルマシンを使っても前鋸筋を鍛えることは可能です。文字通りパンチを打つような動作で鍛えていきますが、ポイントは腕を伸ばしきってから、さらに腕を前方に押し出すことです。

この時に、肩甲骨を前方に送り込むようなイメージで背中を丸めると効果的です。

■前鋸筋の筋トレの回数設定

●20回以上の反復動作で鍛えていく

前鋸筋はインナーマッスルですので、高負荷でのトレーニングは怪我のリスクが高く行うべきではありません。

20回以上の反復動作で限界がくるような、軽めの負荷でレップ数を多く設定してトレーニングしてください。

■胸部筋肉の構造と名称

さらに詳しい胸部筋肉の構造と名称は下記の記事をご参照ください。

▼関連記事

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする