アンダーアーマーアウトレット

【ケーブルサイドベント】腹斜筋を鍛えるマシントレーニング種目を解説

ケーブルサイドベントは腹斜筋を効率的に鍛えることのできるマシントレーニング種目です。そのやり方を、動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

■ケーブルサイドベントが効果のある筋肉部位

●腹筋群の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:ふっきんぐん
英語名称:abdominal muscles
部位詳細:腹直筋外腹斜筋内腹斜筋腹横筋
起始:恥骨稜・恥骨結合・恥骨結節第5~12肋骨外面胸腰筋膜深葉・上前腸骨棘・鼡径靭帯・腸骨稜第7〜12肋軟骨内面・鼡頚靭帯・上前腸骨棘
停止:剣状突起・第5~7肋軟骨外面鼡径靭帯・腹直筋鞘前葉・腸骨稜外唇第10~12肋骨下縁・腹直筋鞘・精巣挙筋剣状突起・白線・恥骨

ケーブルサイドベントは、腹筋群のなかでも体幹側部に位置する内腹斜筋と外腹斜筋に効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■ケーブルサイドベントのやり方と動画

ケーブルサイドベントは、この動画のようにラットマシンを利用して上からケーブルを引く方法と、最初の画像のようにローイングマシンを利用して下からケーブルを引く方法があります。

いずれの場合も、できるだけ大きな動作を心がけ、腹斜筋を最大伸展→最大収縮させることが大切です。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント


ケーブルサイドベントはセット中つねに負荷がかかり続けることが重要ですので、身体を戻したときにケーブルマシンのウエイトが床について負荷が抜けないよう、やや離れた位置で構えるのがポイントです。

■筋トレについて調べる


■ケーブルサイドベントの順番と回数設定

ケーブルサイドベントは腹筋系のトレーニングですので、全てのトレーニングの後に行ってください。また、腹筋群の筋繊維の特性上、20回以上の反復で限界がくるようにしてください。

▼マシントレーニングなら

▼腹筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

シェアする

フォローする