【チューブグッドモーニング】脊柱起立筋のゴムバンド筋トレ方法 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【チューブグッドモーニング】脊柱起立筋のゴムバンド筋トレ方法

トレーニング情報について調べる

チューブグッドモーニングは脊柱起立筋を中心とした長背筋群に効果的なチューブ筋トレ種目です。そのやり方を動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■チューブグッドモーニングが効果のある筋肉部位

●長背筋群・脊柱起立筋の英語名称・構造・部位詳細


読みかた:せきちゅうきりつきん
英語名称:erector spinae muscle
部位詳細:腸肋筋最長筋棘筋
長背筋群=脊柱起立筋+多裂筋+回旋筋など

チューブグッドモーニングは脊柱沿いに位置し、体幹の伸展と姿勢の維持に作用する筋肉群である長背筋群のなかでも、脊柱起立筋と呼ばれる腰椎周辺のインナーマッスルに効果的です。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■チューブグッドモーニングの動画とやり方

こちらがチューブグッドモーニングの模範的な動画です。反動を使ったり、体幹を屈曲しすぎると腰椎損傷のリスクがありますので、反動は使わず、上体を曲げるのも床と平行までにとどめましょう。

◆チューブグッドモーニングのやり方と動作ポイント

①下から張力がかかるようにチューブをセットし構える

②上半身を倒していく

③上半身を床と平行になるまで倒したら、ゆっくりと効かせながら上半身を起こす

④再び上半身を倒していく

◆ワンポイントアドバイス

上半身を倒しすぎると腰を痛めるリスクがありますので、床と並行にとどめるようにしてください。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

チューブグッドモーニングは、対象となる脊柱起立筋の特性上、高重量で行うのには不向きな種目です。完全にコントロールできる重量設定で、ゆっくりとした動作で効かせることを前提に行ってください。

■筋トレについて調べる


■チューブグッドモーニングの順番と回数設定

チューブグッドモーニングは、体幹インナーマッスルの種目ですので、全ての背筋トレーニングの終盤に行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は20回以上です。

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼おすすめトレーニングチューブ

▼チューブトレーニングなら

▼背筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする