【筋トレ弁当】コンビニで買わずに自作タンパク質ランチを作ろう

仕事やトレーニングで疲れていると、ついつい朝寝坊をしがちですが、寝過ごしていいかげんな朝食や昼食になると、せっかく頑張った筋トレがだいなしです。

■筋トレの成果を最短で出すためには自作弁当の一択

強い気持ちで早起きして、タンパク質たっぷりの弁当を作りましょう。

それが、筋トレの効果・成果を出す近道です。

これは、時間がなくてかなりいい加減に作ったものですが、どんないい加減な時短弁当でも、パンやカップヌードルやコンビニおにぎりより、遥かにすぐれています。

なお、都合でどうしてもコンビニを活用する場合は、下記の記事をご参照ください。

▼関連記事

【目的別筋トレ前後のコンビニ食事】筋肥大・ダイエット別におすすめの間食や弁当もご紹介

■筋肥大筋トレ期の自作弁当例

11229564_535551559918727_1976790426967296285_n.jpg

11246852_537441556396394_8280342276562808895_n.jpg

こちらは、筋肥大筋トレ期の自作弁当例です。筆者と息子の二人分を毎日手作りしていました。

妻が作ると、つい肉の量を少なくしてしまうので、お弁当作りは筆者の仕事とし、将来への投資のつもりで、ふんだんに肉類を使用しています。

■減量筋トレ期の自作弁当例

11667283_556199327853950_1519591244802766095_n.jpg

11539612_556506071156609_2591161007617953182_n.jpg

18589_556802191126997_2649454662761870509_n.jpg

※減量の苦しさをまぎらわすために顔の弁当にしています。

また、こちらは試合にむけた減量期の自作弁当例です。試合にむけ、まずはカロリーを落としていき、最低限のタンパク質は確保します。

試合数日前には最後の弁当のように、カーボローディングのために、ほぼ炭水化物だけにするとともに塩分をカットします。

このような調整は、コンビニ弁当では絶対に無理ですね。

ぜひ、筋トレ効果を最大限に高めるために、自作弁当を作ってください。

▼おすすめの格安タンパク質食品

▼おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする