【パイクプッシュアップ】三角筋を鍛えるために特化した特殊腕立て伏せ

三角筋を鍛えるために特化した腕立て伏せの一種であるパイクプッシュアップのやり方を動画をまじえてご紹介します。

www.globalbodyweighttraining.com

■パイクプッシュアップが効果のある筋肉部位

パイクプッシュアップが効果のある筋肉部位は、肩の筋肉・三角筋のなかでも、特に前部と側部です。

■パイクプッシュアップの基本的なやり方



こちらが、パイクプッシュアップの基本的なやり方です。腰を突き出し、その状態をキープしたまま、腕を押し出す軌道が斜め上から上方になるように動作します。

■パイクプッシュアップの強度の上げ方

また、この動画のように台の上に足を置くことでパイクプッシュアップの強度を高めることが可能です。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

肘を肩よりも前(頭側)に出すと、肩関節に無理な負荷がかかってしまいます。肩を痛めないためにも、やや肘を引き気味で動作を行ってください。

■パイクプッシュアップの順番と回数設定

パイクプッシュアップは三角筋の複合関節種目なので、レイズ系種目など単関節種目の前に行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼おすすめプッシュアップバー

▼この記事を読んだ人におすすめの記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする