【武器屋レバーアクションベルト】10mmロゴ無しから13mmIPF公認品までご紹介

数多くのパワーリフティング・ベンチプレス日本代表選手が愛用することでも知られる、武器屋「鬼ブランド」のレバーアクションベルトですが、かなりのバリエーションがあります。

10mm厚のロゴ無しタイプから13mm厚のIPF公認品までご紹介します。

■ロゴ無し10mm厚レバーアクションベルト

●初心者にもおすすめの定番モデル

武器屋のレバーアクションベルトのなかでも、もっともリーズナブルで初心者にもおすすめなタイプがこちらの「ロゴ無しレバーアクションベルト」です。

-------【人気記事PR】-------

スポンサーリンク

---------------------

■レバーアクションベルト超強仕様

●本格派むけ13mm厚のサポート力

厚さ13mmとパワーリフティングの競技規定最大値のタイプがこちらの「レバーアクションベルト超強仕様」です。

なお、当ジム所属のベンチプレス選手も武器屋「鬼ブランド」のレバーアクションパワーベルトを着用して全日本大会に出場しており、その性能の高さは量販品やフックバックルタイプとは別格です。

また、パワーリフティングの競技大会では、呼び出し(コール)から60秒以内に試技を始めなくてはいけないので、ピンタイプやフックバックルタイプに比べて装着時間が短いレバーアクションタイプは、競技的にも挙上フォームをとる時間に余裕ができるので有利です。

※実際に全日本大会での装備品チェックの印鑑が押されています。

■ナローレバーアクションベルト

●ベンチプレス専用のパワーベルト

ベンチプレス専用に特化したレバーアクションパワーベルトが、こちらの50mm幅のタイプです。高いブリッジが組みやすいのが最大のメリットになります。

こちらのパワーベルトも、当ジム所属のマスターズ全日本出場のベンチプレス選手が愛用していますが、たしかにブッリジが組みやすく、なおかつ腰の保護効果、腹圧向上効果もかなりあるとのことです。

■ロゴ無し国産レバーアクションベルト

●安心と信頼の国産品

国内皮職人の手作りによる13mm厚100mm幅レバーアクションベルトがこちらのタイプです。ロゴは入っていません。

■国産レバーアクションベルトIPF公認

●国際大会でも使用できるハイエンドモデル

こちらが、武器屋「鬼ブランド」のフラッグシップとも言えるIPF(世界パワーリフティング協会)公認の13mm厚100mm幅の、国際大会(世界選手権・アジア選手権など)でも使用可能なハイエンドモデルです。

もちろん、普段のトレーニングに使用しても、その使用感とサポート力はハイエンドクラスです。

なお、製品名がレバーアクションベルトではなく「鬼レバーベルトアクション」となっているのは、IPFの登録が「Oni lever belt action」となっており、その表記に揃えたためとのことです(メーカーに直接確認済み)。

■レバーバックルもお忘れなく

はじめてレバーアクションベルトを入手される方は、忘れずにこちらのレバーバックルも入手してください。

■この記事を読んだ人におすすめの記事

■武器屋・鬼社長の執筆記事

下記の記事は、武器屋・鬼社長でトップクラスのパワーリフティング選手でもある奥谷様に客員執筆いただいた、トップクラスアスリートの知見が集約された記事です。是非、ご参照ください。

▼アスリート執筆記事

■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする