【ケーブルアタッチメント一覧】筋トレの種目のバリエーションを豊富にするグッズ | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【ケーブルアタッチメント一覧】筋トレの種目のバリエーションを豊富にするグッズ

トレーニング情報について調べる

ケーブルマシンのアタッチメントには数多くの種類があり、どれがどの筋肉部位に効果的なのか、わかりづらいかと思いますので、主なケーブルアタッチメントの種類とトレーニング種目別の使い方を解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

ストレートバーアタッチメント


IROTEC(アイロテック)ラットプルダウンバー

上から引くタイプのケーブルマシンの標準アタッチメントが、こちらのようなストレートバー(またはラットバー)と呼ばれるものです。

広背筋側部に効果の高いノーマルラットプルダウンや、上腕三頭筋短頭に効果的なノーマルプレスダウンに使われます。

また、ケーブルローイングの刺激を変えたい時や、ケーブルカールにもストレートバーアタッチメントは使われますが、取り回しの関係で主にショートタイプのものが使用されます。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■ワイドパラレルアタッチメント


IROTEC(アイロテック)ワイドパラレルグリップバー

ワイドパラレルアタッチメントは、ラットプルダウンやケーブルローイングの刺激を変えたい時に使うと有効なアタッチメントです。

■ナローパラレルアタッチメント


IROTEC(アイロテック)ロウプーリーハンドル

ナローパラレルアタッチメントは、ケーブルローイングの標準となるケーブルアタッチメントです。

また、ラットマシンに取り付けて、ナローパラレルグリップで行うラットプルダウンは、広背筋中央部と僧帽筋に効果的です。

■Vバーアタッチメント


IROTEC(アイロテック) プルダウンハンドル

トライセプスプレスダウン専用とも言えるのがVバーアタッチメントで、縦に手をグリップする=脇が閉まることから、上腕三頭筋長頭を集中的に鍛えることが可能です。


IROTEC(アイロテック)シングルハンドル

シングルハンドアタッチメントは、二台のケーブルマシンを使うケーブルフライの標準となるアタッチメントです。

このほかにも、ケーブルカールやプレスダウンを片手で行い可動範囲を広げるワンハンド系種目でも使われます。

■ショートロープアタッチメント


IROTEC(アイロテック)トライセップロープ

ロープアタッチメントには、こちらのようなショートタイプとロープが長めのロングタイプがあります。

ショートタイプのロープアタッチメントは、ケーブルカールやケーブルローイングなどあまり手幅を広げる必要がない種目に使われます。

■ロングロープアタッチメント


IROTEC(アイロテック)トライセップロープⅡ

一方、ロングタイプのロープアタッチメントは、手を広げて回旋運動も行うロープトライセプスプレスダウンなど、大きな動作のトレーニングに使用されます。

■シングルロープアタッチメント


IROTEC(アイロテック)シングルロープ

シングルロープアタッチメントは、片手で行うケーブルカールやトライセプスプレスダウンに使用され、通常よりも広い可動範囲と回旋運動で筋肉を最大収縮させるのに適しています。

■ジムになければマイアタッチメントを

全てのケーブルアタッチメントが揃っているトレーニングジムは意外と少ないものです。

どうしてもやりたい種目がある場合は、ジムに許可をとってマイアタッチメントを用意するのもおすすめです。

なお、こちらは筆者のバックボーン競技であるアームレスリングの前腕強化のために、鉄工所勤務の友人に頼んで作成したオリジナル自作ケーブルアタッチメントです。

通常のシングルハンドアタッチメントよりも、グリップ部分が数倍太くなっています。

自身の競技にあわせて、ケーブルアタッチメントを自作するのも一つの手段です。

■筋トレについて調べる


■この記事を読んだ人におすすめの記事

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする