【腕相撲のトレーニング器具】アームレスリング元日本代表が使ってきた三つの筋トレグッズ

腕相撲が強くなるためにおすすめのトレーニング器具を、アームレスリング元日本代表の筆者が使ってきた筋トレグッズのなかから、三種類を厳選してご紹介します。

なお、総合的な腕相撲のテクニックと筋トレメニューについては、下記の記事に詳しくまとめましたので、是非ご参照ください。

▼関連記事

■腕相撲が強くなるために最重要なトレーニング

●上腕二頭筋・前腕筋群・握力

腕相撲が強くなるためには、上半身の筋肉を中心に、体幹や下半身も強化していかなくてはなりませんが、腕相撲の強さに直結し、最優先で鍛えるべき部位が上腕二頭筋・前腕筋群・握力の三ヶ所です。

それぞれに最適なトレーニング種目では以下の通りになります。

●ハンマーカール

上腕二頭筋だけでなく、上腕筋も同時に鍛えられ、腕相撲の実戦的な角度でトレーニングできる種目がダンベルハンマーカールです。

特に上腕筋は「半羽状筋」と呼ばれる収縮率の高い筋繊維構造をしているので、いわゆる「腕力」には非常に重要な筋肉です。

▼関連記事

【ハンマーカール】まだ二頭筋を鍛えてるの?腕力が欲しければ上腕筋を鍛える

また、ダンベルハンマーカールでありがちな間違いがシャフトを握りしめてしまうことです。シャフトを握りしめると刺激が前腕筋に逃げてしまうので、親指と人差し指で輪をつくり、その上にプレートを乗せるようなイメージでダンベルハンマーカールを行ってください。

反動を使わず、上げるときも下ろすときもコントロールすると一層効果的です。

normal2.jpg

実際にシャフトを握りしめないダンベルハンマーカールのフォームを再現しましたので、ご参照ください。

▼コラム記事

【ハンマーカール】まだ二頭筋を鍛えてるの?腕力が欲しければ上腕筋を鍛える

●リストハンマー

アームレスリングの世界では「ヘッドの力」と呼ばれる「拳を立てる筋力」は、腕相撲においても非常に重要で、ヘッドを立てられずに「ヘッドが落ちた」状態になってしまうと、トップロール・フック問わず、まず勝つことはできません。

その主働筋になるのが腕橈骨筋と呼ばれる前腕上部外側に位置する、前腕筋群で最大の筋肉です。

●ハンドグリッパー

握力は腕相撲の攻防において非常に重要で、トップロールの場合はピンチ力、フックの場合はホールド力と呼ばれる種類の握力の強さが要求されます。

いずれもハンドグリッパーで鍛えることが可能です。

-------【人気記事PR】-------

スポンサーリンク

---------------------

■腕相撲が強くなるトレーニング器具

それでは、ここからは実際に筆者も使ってきた、腕相撲が強くなるためにおすすめのトレーニング器具をご紹介します。

■リストハンマー


BB-SPORTS BODYMAKER リストハンマーセット WHSSSN

リストハンマーはダンベルの片側だけにプレートをつけても行えますが、繰り返しトレーニングをしていると、スクリュー部分の凸凹で手の平が痛くなります。

また、テーピング類を巻くと、ベタベタして粘着成分がとれなくなるので、やはり専用のラバーグリップのついたリストハンマーがおすすめです。

■スーパーグリッパー


IVANKO(イヴァンコ) スーパーグリッパー SP-28

握力強化に欠かせないのがハンドグリッパーです。

筆者も一般部門の現役選手だった頃は、プラスチックグリップの普通のハンドグリッパーをキーホルダーにし、一日中、時間さえあれば握力を鍛えていましたが、半年も使えば壊れてしまいます。

ですので、こちらのイヴァンコはスーパーグリッパーを購入し、自宅や通勤の車中で常に握力を鍛えていました。

非常に頑丈で壊れず、強度も変えられて便利です。また、上下を逆にグリップするとピンチ力強化にも最適な角度になります。

■アームブラスター


Goliath Labs アームブラスター ArmBlaster

アームカール系トレーニングで陥りがちなパターンが、「重量を追求して反動筋トレになる」というものです。

結局、反動を使って高重量を振り回しても、負荷は僧坊筋に逃げるばかりで腕は強くなりません。

アームブラスターを装着すれば、嫌でも反動は使えませんので、非常にストリクトなアームカールが行えます。

▼関連記事

【アームブラスター】反動筋トレさようなら|上腕二頭筋を鍛える優秀グッズ

■この記事を読んだ人におすすめの記事

スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする