【回旋スライド式腕立て伏せ】リップデッキシステムを使用して大胸筋を限界まで追い込む | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【回旋スライド式腕立て伏せ】リップデッキシステムを使用して大胸筋を限界まで追い込む

トレーニング情報について調べる

回旋スライド式腕立て伏せは、リップデッキシステムと呼ばれる最新のプッシュアップバーを使って、大胸筋を限界まで追い込むトレーニング方法です。

そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■回旋スライド式腕立て伏せが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

回スライド式旋腕立て伏せは大胸筋に対して非常に高い効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■筋トレについて調べる


■回旋スライド腕立て伏せのやり方とポイント

こちらが回旋スライド式腕立て伏せの動画です。腕を押し出す動作だけでなく、腕を閉じる動作も加えることで、大胸筋を完全収縮させることが可能です。

さらに、最後にグリップを回転させることで、大胸筋上部にも高い効果が得られます。

なお、リップデッキシステムについては、下記の記事で詳しく解説していますので、是非ご参照ください。

▼関連記事

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする