【回旋腕立て伏せ】大胸筋を絞りあげる回転式プッシュアップバー種目 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【回旋腕立て伏せ】大胸筋を絞りあげる回転式プッシュアップバー種目

トレーニング情報について調べる

回旋腕立て伏せは、回転式プッシュアップバーを使って大胸筋を絞りあげるように追い込む、器具を使ったプッシュアップ種目です。

そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■回旋腕立て伏せが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

回旋腕立て伏せは、大胸筋のなかでも特に上部と内側に効果があります。また、二次的に三角筋や上腕三頭筋にも効果的です。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■筋トレについて調べる


■回旋腕立て伏せのやり方とポイント

回旋腕立て伏せは、回転式プッシュアップバーを使い、動作の最後にリバースグリップになることで大胸筋上部と内側を完全収縮させられるのが特徴です。

この回旋動作を効果的にするためには、回旋を始めるタイミングが重要で、回旋をはじめるのは腕の押し出し動作が7~8割程度のタイミングで行うのが最適です。

なお、回転式プッシュアップバーは、下記の記事でご紹介していますので、是非ご参照ください。

▼おすすめプッシュアップバー

▼自重トレーニングなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする