【T-プッシュアップ】ダンベルを使い腹斜筋と回旋筋も鍛える腕立て伏せ | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【T-プッシュアップ】ダンベルを使い腹斜筋と回旋筋も鍛える腕立て伏せ

トレーニング情報について調べる

T-プッシュアップは腕立て伏せ動作に体幹のダンベル運動を加えた、腹回りの引き締めにも効果的な腕立て伏せバリエーションです。

そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■T-プッシュアップが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

T-プッシュアップは、まずは上半身の押す筋肉(大胸筋・三角筋・上腕三頭筋)に効果があります。

●腹筋群の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:ふっきんぐん
英語名称:abdominal muscles
部位詳細:腹直筋外腹斜筋内腹斜筋腹横筋
起始:恥骨稜・恥骨結合・恥骨結節第5~12肋骨外面胸腰筋膜深葉・上前腸骨棘・鼡径靭帯・腸骨稜第7〜12肋軟骨内面・鼡頚靭帯・上前腸骨棘
停止:剣状突起・第5~7肋軟骨外面鼡径靭帯・腹直筋鞘前葉・腸骨稜外唇第10~12肋骨下縁・腹直筋鞘・精巣挙筋剣状突起・白線・恥骨

●長背筋群・脊柱起立筋の英語名称・構造・部位詳細


読みかた:せきちゅうきりつきん
英語名称:erector spinae muscle
部位詳細:腸肋筋最長筋棘筋
長背筋群=脊柱起立筋+多裂筋+回旋筋など

さらに、身体を捻る体幹の筋肉=腹斜筋(腹筋群)および回旋筋(長背筋群)にも効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■筋トレについて調べる


■T-プッシュアップのやり方とポイント

T-プッシュアップは、腕立て伏せ動作と体幹の捻り運動をしったかりとわけて動画をする必要があります。

腕立て伏せ動作では、背すじを伸ばして動作を行い、そこからの捻り動作はゆっくり確実に効かせながら行い、最後に手足が真っ直ぐ伸びた状態になるようにしてください。

なお、使用するダンベルは多角形で転がらないアーミーダンベルが最適です。

▼おすすめのダンベル

▼自重トレーニングなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする