アンダーアーマーアウトレット

【プッシュアップローイング】ダンベルを使い背筋も鍛える腕立て伏せ

プッシュアップローイングは、プッシュアップバーとしてダンベルを使い、さらにプッシュアップ動作に加えてダンベルローも行う、背筋も鍛えられる腕立て伏せバリエーションです。

そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

■プッシュアップローイングが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

プッシュアップローイングは、まずは上半身の押す筋肉(大胸筋・三角筋・上腕三頭筋)に効果があります。

●広背筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:こうはいきん
英語名称:latissimus dorsi muscle
部位詳細:上部下部
起始:下位第6胸椎~第5腰椎の棘突起・肩甲骨下角第9~12肋骨正中仙骨稜・腸骨稜後方
停止:上腕骨小結節稜

●僧帽筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:そうぼうきん
英語名称:trapezius muscle
部位詳細:上部中部下部
起始:後頭骨上項線・外後頭隆起・頚椎棘突起第7頚椎・第1~3胸椎棘突起第4~12胸椎棘突起
停止:肩甲棘・肩峰

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

さらに、ダンベルローイングと同様の動作が加わるため、上半身の引く筋肉(僧坊筋・広背筋・上腕二頭筋)にも効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■筋トレについて調べる


■プッシュアップローイングのやり方とポイント

プッシュアップローイングは、腕立て伏せ動作とダンベルローイング動作をきっちり切り替えて行うことが大切です。

つまり、腕立て伏せ動作では背すじを真っ直ぐ保つとともに肩甲骨が完全解放するまでしったかりと腕を押し出します。

そして、そこからのローイング動作では、背中を反らせるとともに、肩甲骨を完全に寄せきるまで背筋を収縮させてください。

なお、プッシュアップローイングに使用するダンベルは、多角形で転がらないアーミーダンベルが最適です。

詳しくは下記の記事をご参照ください。

▼おすすめのダンベル

▼自重トレーニングなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

シェアする

フォローする