アンダーアーマーアウトレット

【バランスボールフロッグプッシュアップ】下半身強化も同時にできる腕立て伏せ

バランスボールフロッグプッシュアップは上半身の押す筋肉に加え、下半身の強化も同時に行える足上げ腕立て伏せのバリエーションです。

そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

■バランスボールフロッグプッシュアップが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

●内転筋群の英語名称・構造・部位詳細


読みかた:ないてんきんぐん
英語名称:adductors muscles
部位詳細:大内転筋長内転筋短内転筋薄筋恥骨筋

バランスボールフロッグプッシュアップは上半身の押す筋肉(大胸筋・三角筋・上腕三頭筋)だけでなく、下半身の筋肉、とくに内ももの内転筋群にも効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■筋トレについて調べる


■バランスボールフロッグプッシュアップのやり方とポイント

バランスボールフロッグプッシュアップは、足を床より高くすることで、鍛えにくい大胸筋上部に負荷がかけるます。お腹を突きだしたフォームになると、せっかくの大胸筋上部へ負荷がかかる軌道がそれてしまいますので、背すじを真っ直ぐまたはやや腰を突きだしたフォームで行うと効果的ですよ
また、内転筋群への負荷を高めるために、セット中は足を閉じてバランスボールに圧をかけ続けることも大切なポイントです。

▼おすすめバランスボール

▼おすすめプッシュアップバー

▼自重トレーニングなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

シェアする

フォローする