【筋トレに最適なトンカツ】麩を衣に置き換え揚げずに焼いて作るダイエットむきレシピ | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【筋トレに最適なトンカツ】麩を衣に置き換え揚げずに焼いて作るダイエットむきレシピ

トレーニング情報について調べる

筋トレ後の食事に最適な、衣を麩に置き換え揚げずに焼いて作る、ダイエットむきのトンカツの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■筋トレに豚肉が良い理由

●ビタミンB群が豊富で代謝が向上する

筋トレには豚肉が相性がよいと言われますが、その理由は、豚肉は高タンパク質なだけでなく、糖質代謝やタンパク質合成に重要な役割をするビタミンB群が豊富に含まれていることです。

■筋トレむきトンカツの作り方

●豚肉のカロリー・栄養素

こちらが筋トレむきトンカツの材料の豚肩肉と麩です。

豚肩肉100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:216kcal
タンパク質:18.5g (74kcal)
脂質:14.6g (131.4kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)

やや脂質が多めですが、筋肥大バルクアップ筋トレの場合、最適な食事の栄養比率は「タンパク質」:「筋肉合成カロリー」=1:2~3ですので、この程度の脂質カロリーは問題ありません。

それでは、筋トレむきトンカツの作り方をご紹介しています。

●余分な脂身をカットするのがポイント

まずは、豚肩肉の下ごしらえです。外側の脂身は切り落とします。これで、カロリーが気になる方にも大丈夫です。100gあたりでおよそ50kcal以上のカロリーカットになります。

衣にする麩を砕き溶き卵を作り、豚肉に溶き卵をからめ、砕いた麩をまぶしていきます。

あくまでも高タンパク質低カロリーの麩ですので、衣はたっぷりとまぶします。

衣をまぶした状態で10~30分ほどおき、衣をなじませます。衣をまぶしてすぐに焼くと、剥がれやすくなりますので注意してください。

●テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼く

衣がなじんだら、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。

表面を焦がさないように、弱火にしてしっかりと中まで火を通すのがポイントです。

出来上がりました。是非チャレンジしてみてください。

■筋トレについて調べる


■この記事を読んだ人におすすめの記事

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする