【効率的な筋トレ】まだそのやり方で消耗してるの?目からウロコのコラム記事集

大好評の発想と工夫の筋トレシリーズを一覧にまとめました。

うまく効かせられない筋トレ種目がある時は、ぜひ、参考にしてください。

■胸のトレーニング

●ベンチプレス

一般的に「ベンチプレスは胸まで下ろせ」と言われますが、それはケースバイケースです。

▼コラム記事

【ベンチプレス】初心者にバーを胸につけろは無茶!まずはフォームをしっかりと

●ダンベルプレス

ダンベルプレスでの肩の故障や痛みはよくあることですが、そんな時はグリップを変えてみるのも有効な方法です。

▼コラム記事

【ダンベルプレス】まだ横持ちで肩を消耗してるの?縦持ちプレスのすすめ

●ダンベルフライ

ダンベルフライはただ開閉するだけでなく、フィニッシュポジョンで大胸筋を完全収縮させるのがコツです。

▼コラム記事

【ダンベルフライ】ただ開閉するだけで効いてるの?トドメの一押しが肝心

●ダンベルプルオーバー

ダンベルプルオーバーは微妙な肘の角度と意識の仕方で、効果のある筋肉部位が大胸筋から広背筋まで変化する、少し変わったトレーニング種目です。その効かせ方のポイントを解説しました。

▼コラム記事

【ダンベルプルオーバー】その肘の角度であってる?大胸筋と広背筋への効かせ方の違い

■背中のトレーニング

●懸垂

懸垂と言えばバーより上に顎を上げる意識をしがちですが、それでは背筋は完全収縮しません。

▼コラム記事

【懸垂】バーから顎を出して1回って誰が決めたの?確実に背筋に効く正しいやり方

●背筋を鍛える腕立て伏せ

腕立て伏せと言えば、大胸筋をはじめとして上半身の押す筋肉を鍛える種目ですが、発想を転換すると背筋を鍛えることも可能です。

▼コラム記事

【背筋を鍛える腕立て伏せ】まさかの筋トレ方法を一挙紹介

●デクラインダンベルロー

広背筋側部は「上から腕を引く動作」で鍛えるため、通常の前から腕を引くダンベルローイングでは上手く鍛えられません。しかし、デクライン状態を作ることにより上から腕を引く動作で鍛えることができます。

▼コラム記事

【デクラインダンベルロー】上からダンベルを引く発想の広背筋トレーニング

●体幹と首の連動性

セット終盤で苦しくなり、顎を引いたり上げたりしますが、体幹の筋肉の収縮との連動性を考慮しないと逆効果です。

▼コラム記事

【筋トレと首の連動方向】その顎の方向間違ってない?胸筋・背筋を最大収縮させる首の屈曲

■肩・腕のトレーニング

●三角筋の自重筋トレ

自重では鍛えにくいと考えられている三角筋ですが、腕立て伏せや懸垂を一工夫するだけで鍛えることが可能です。

▼コラム記事

【三角筋の自重筋トレ】腕立て伏せと懸垂のやり方次第で鍛えられる

●ダンベルカール

上腕二頭筋は肘関節を屈曲させる働きだけでなく前腕を回外させる作用もあり、旋回動作を加えることで完全収縮します。

▼コラム記事

【ダンベルカール】まだ真っ直ぐ振り回してるの?上腕二頭筋を確実に追い込む3つの特殊カール

●ハンマーカール

腕力のベースとなる肘関節屈曲力の主働筋が上腕筋であることは意外に知られていません。

▼コラム記事

【ハンマーカール】まだ二頭筋を鍛えてるの?腕力が欲しければ上腕筋を鍛える

●アームブラスター

上腕二頭筋をストリクトに鍛えるために最適なのはカール台を使ったプリチャーカールですが、アームブラスターを使えば同様の効果が手軽に得られます。

▼コラム記事

【アームブラスター】反動筋トレさようなら|上腕二頭筋を鍛える優秀グッズ

●トライセプスエクステンション

上腕三頭筋には肘関節を伸展させる作用がありますが、このほかにも腕を回内させる作用があり、この回旋動作をトレーニングに組み込むことで効果が倍増します。

▼コラム記事

【トライセプスエクステンション】ただ真っ直ぐ伸ばすだけでは効果が半減

●テイトプレス+サイドカール

上腕の発達停滞期の突破にもおすすめの少し変わったダンベル筋トレ=テイトカールとサイドカールの組み合わせによる刺激的なスーパーセット法をご紹介しています。あわせて、スーパーセット法の正しい順番も解説しました。

▼コラム記事

【テイトプレス+サイドカール】スパイシーな上腕スーパーセット法で追い込んでみる?

■腹筋のトレーニング

●腹筋

腹筋運動をする時に急いで反動を使うと腰椎にダメージがあるので気をつけなくてはいけません。

▼コラム記事

【腹筋の筋トレ】そんなに慌てて椎間板を削ってるの?腰痛にならない鍛え方

■脚のトレーニング

●スクワット

スクワットは非常に効果の高いトレーニング種目ですが、誤ったフォームで行うと、腰や膝に強い負担がかかります。

▼コラム記事

【スクワット】それでは膝靭帯に悪すぎる!正しいフォームで安全に下半身を鍛えよう

●下半身の筋肉の連動性

下半身の筋肉はコンパウンド種目とアイソレーション種目で連動性が変わるので、よく理解した上でトレーニングをしなければ効率的とは言えません。

▼コラム記事

【下半身筋トレでのつま先の向き】足首それであってる?大腿筋・下腿筋との連動性が大切

■発想の筋トレ方法

●自宅の椅子や机を使った筋トレ方法

自宅にある椅子や机も発想を効かせて利用すれば、とれも効果的な筋トレに使うことが可能です。

▼コラム記事

【椅子や机を使う自重筋トレ】工夫と発想の自宅での全身の鍛え方

※これから、まだまだ新しい発想の筋トレコラム記事を執筆・追加予定ですので、ぜひブックマークをお願いします。

■筋トレ効果を高める食事メニュー

本サイトの人気記事である「筋トレの効果を高める食事メニュー」では、随時、増量向き、減量向きの具体的な食事メニューを公開しています。ぜひ、ご参照ください。

▼推奨記事

【筋トレ効果を高める食事メニュー】食品・食材あわせて50選を紹介

■この記事を読んだ人におすすめの記事

▼自重筋トレの全てを解説

▼ダンベル筋トレの全てを解説

▼バーベル筋トレの全てを解説

▼筋トレマシンの全てを解説

▼筋トレサプリの全てを解説

▼筋トレの全てを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする