【片手腕立て伏せ】大胸筋を高負荷で鍛えられる自重筋トレのやり方

片手腕立て伏せは、大胸筋を中心とした上半身の押す筋肉を高負荷で鍛えられる自重筋トレです。

そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。

■片手腕立て伏せが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

片手腕立て伏せは上半身の押す筋肉(大胸筋・三角筋・上腕三頭筋)に対して高い効果があります。

-------【人気記事PR】-------

スポンサーリンク

---------------------

■片手腕立て伏せのやり方とポイント

片手腕立て伏せは、絶対的に筋力が必要なほか、上手くバランスをとることが大切です。

足幅を大きくとるとともに、手を身体の中心ラインに置くことがポイントになります。

▼おすすめプッシュアップバー

▼自重トレーニングなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする