【リバースプッシュアップ】縦方向に大胸筋を刺激する腕立て伏せのやり方 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【リバースプッシュアップ】縦方向に大胸筋を刺激する腕立て伏せのやり方

トレーニング情報について調べる

リバースプッシュアップは、大胸筋を縦方向に刺激でき、トレーニングに対して筋肉が慣れてきた時に組み込むと、非常に大きな効果がある自重トレーニングです。

そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■リバースプッシュアップが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

リバースプッシュアップは、大胸筋全体に効果があるだけでなく、後方に身体を押し上げる動作のなかで三角筋や上腕三頭筋にも高い効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■筋トレについて調べる


■リバースプッシュアップのやり方とポイント

リバースプッシュアップでもっとも大切なポイントは、斜め後方に身体を押し上げる時に、身体に対して真上方向に腕を押し出すことです。また、この時に肘が体幹より背面側にくると肩関節に負担がかかりますので注意が必要です。

なお、動画ではかなりの速度で行っていますが、慣れるまで一つ一つの動作を確実に行なっていくことをおすすめします。

▼おすすめプッシュアップバー

▼自重トレーニングなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする