【チューブスクワット女性版】下半身にゴム負荷をかける引き締めエクササイズ


下半身の基本種目である自重スクワットに、ゴムチューブの負荷を追加することで、さらに強く追い込むことのできるチューブスクワットのやり方を動画をまじえて解説します。

■チューブスクワットが効果のある筋肉部位

チューブスクワットは下半身全体に効果の高いトレーニング方法で、効果のある部位は下記のようになります。

・太もも前側:大腿四頭筋

・太もも後側:ハムストリングス

・お尻の筋肉:臀筋群

また、このほかにも、二次的にふくらはぎ・下腿三頭筋や股関節インナーマッスル・腸腰筋群および内転筋群にも効果があります。

■チューブスクワットのやり方とポイント

こちらが、チューブスクワットの模範的な動画になります。ゴムの持つ「伸びるほど負荷が高まる」漸増負荷特性により、かなり強く下半身に効かせることが可能です。

●スクワットの正しいフォームと注意点

スクワットはただしゃがめばいいというわけではなく、効果を得るためには正しいフォームで行わなくてはいけません。

その具体的なポイントをまとめたのが上図で、次の通りです。

・顎を上げやや上を見る

・胸を張る

・背中を反らせる

・膝を爪先より前に出さない

・斜め後ろに身体を下ろす

■ダイエット筋トレの負荷回数設定

女性のダイエット筋トレでは、筋肥大する速筋への刺激を避け、筋密度が上がるだけの遅筋を刺激するため、20回以上の反復で限界がくる負荷回数設定で行ってください。

■この記事を読んだ人におすすめの記事

■おすすめのトレーニングチューブ

トレーニングチューブは強度の違うものを単品で買い揃えると割高になりますので、複数本がセットになったものがリーズナブルでおすすめです。

▼おすすめのトレーニングチューブ

■ダイエット筋トレにおすすめの低糖質食品

ダイエットはトレーニング(運動)だけでなく、適切なカロリーカットを同時に行ってこそ成果が出ます。下記の記事では、ある程度食べても大丈夫な、おすすめの低糖質食品をご紹介していますので、是非ご活用ください。

▼おすすめの低糖質食品

■SlimBody

▼トップページはこちら

SlimBody全記事一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする