【ダンベルリアラテラルレイズ女性版】肩こり防止にも効果的な筋トレ種目 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【ダンベルリアラテラルレイズ女性版】肩こり防止にも効果的な筋トレ種目

トレーニング情報について調べる


ダンベルリアラテラルレイズは肩の後側=三角筋後部に効果の高い筋トレ種目で、肩こり防止にも効果的です。そのやり方とポイントを動画をまじえてご紹介します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■ダンベルリアラテラルレイズが効果のある筋肉部位

ダンベルリアラテラルレイズは肩の筋肉・三角筋のなかでも、特に後部=リアデルタに対して効果のある種目です。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■ダンベルリアラテラルレイズの女性にとっての効果

ダンベルリアラテラルレイズは、女性に多い肩こりの予防や解消にとても効果的なトレーニングです。

■ダンベルリアラテラルレイズのやり方とポイント

ダンベルリアラテラルレイズのもっとも基本的なバリエーションが、こちらの動画のようなスタンディングおよびニーベントスタイル(前かがみ姿勢)で行うやり方です。

肩甲骨を寄せる動作をしてしまうと、負荷が背筋に逃げてしまうので、体幹の筋肉は動かさず、肩から先だけで動作するのがポイントです。

◆ダンベルリアラテラルレイズのやり方と動作ポイント

①背すじを伸ばして前傾姿勢を作り、腕を伸ばした位置でダンベルをグリップして構える

②上半身を反らせないように気をつけ、肘を伸ばしたまま、肩甲骨を寄せずにダンベルを後ろに上げていく

③ダンベルを肩の高さまで上げたら、ウエイトに耐えながら同じ軌道で元に戻る

◆ワンポイントアドバイス

上半身を反らせたり、肩甲骨を寄せる動作を行うと負荷が背筋群に逃げてしまうので注意してください。

また、うまくニーベントスタイルがとれない方や、腰に不安のある方は、座って行うシーテッドダンベルリアラテラルレイズがおすすめです。

■ダイエット筋トレの負荷回数設定


女性のダイエット筋トレでは、筋肥大する速筋への刺激を避け、筋密度が上がるだけの遅筋を刺激するため、20回以上の反復で限界がくる負荷回数設定で行ってください。

■ダンベルショルダープレスにおすすめの器具

■ダイエット筋トレにおすすめの食品

ダイエットはトレーニング(運動)だけでなく、適切なカロリーカットを同時に行ってこそ成果が出ます。下記の記事では、カロリーが低めに設定された、おすすめの食品をご紹介していますので、是非ご活用ください。

▼おすすめの食品

■筋トレについて調べる


■SlimBody

▼トップページはこちら▼

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする