【チューブクランチ女性版】腹筋を最大収縮させてくびれを作る各バリエーションを解説


チューブクランチはトレーニングチューブの持つ「伸びれば伸びるほど負荷が強くなる」=漸増負荷特性を活用し、腹筋群を最大収縮で引き締めることが可能なトレーニング方法です。そのやり方を、動画をまじえて解説します。

■チューブクランチが効果のある筋肉部位

チューブクランチは腹直筋を中心として外腹斜筋・内腹斜筋にも高い効果のある、総合的チューブ腹筋トレーニングです。

■ニーリングチューブクランチのやり方とポイント

こちらの動画が、チューブクランチの模範的な動画で、膝を床につく姿勢からニーリングチューブクランチとも呼ばれています。

上半身を曲げながら息を吐いていき、もっとも曲げたポジションで息を吐ききって腹筋群を完全収縮させるのが最大のポイントです。

■ライイングチューブクランチ

床に仰向けになりチューブクランチを行うやり方がライイングチューブクランチで、腹筋の筋力で上体を起こさなくてはいけないため、先に解説したニーリングバリエーションよりも強度が高くなります。

ニーリングチューブクランチでは物足りない、という方はこちらのバリエーションを試してみてください。

■チューブサイドクランチ

チューブサイドクランチは、斜め前方に上半身を曲げることにより、腹筋群のなかでも腹斜筋に効果的なバリエーションです。

■チューブロシアンツイストクランチ

最後にご紹介するのが、チューブロシアンツイストクランチです。お腹の前側の腹直筋だけでなく、横腹の腹斜筋にも大きな効果のある種目です。

上半身を屈伸させることよりも、より大きな動きで上半身をひねる動作に重点をおいて行ってください。

■ダイエット筋トレの負荷回数設定

女性のダイエット筋トレでは、筋肥大する速筋への刺激を避け、筋密度が上がるだけの遅筋を刺激するため、20回以上の反復で限界がくる負荷回数設定で行ってください。

■おすすめのトレーニングチューブ

トレーニングチューブは強度の違うものを単品で買い揃えると割高になりますので、複数本がセットになったものがリーズナブルでおすすめです。

▼おすすめのトレーニングチューブ

■ダイエット筋トレにおすすめの低糖質食品

ダイエットはトレーニング(運動)だけでなく、適切なカロリーカットを同時に行ってこそ成果が出ます。下記の記事では、ある程度食べても大丈夫な、おすすめの低糖質食品をご紹介していますので、是非ご活用ください。

▼おすすめの低糖質食品

■SlimBody

▼トップページはこちら

SlimBody全記事一覧はこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする