【ダンベルプルオーバー女性版】バストアップにおすすめの胸郭を広げる筋トレ方法 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【ダンベルプルオーバー女性版】バストアップにおすすめの胸郭を広げる筋トレ方法

トレーニング情報について調べる

ダンベルプルオーバーは、数少ない縦方向に大胸筋を収縮させられるだけでなく、バストの土台となる胸郭自体を広げる作用もあるトレーニング方法で、女性のバストアップ筋トレとしてもたいへん有効な種目です。そのやり方を模範的な動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

■ダンベルプルオーバーが効果のある筋肉部位

ダンベルプルオーバーは、肘を曲げて行うと胸の筋肉・大胸筋に、肘を伸ばして行うと背中の筋肉・広背筋に効果があります。

■ダンベルプルオーバーの女性にとっての効果

ダンベルプルオーバーは大胸筋の肥大によるバストアップ効果に加え、その土台となる胸郭自体が広がる作用もあるため、女性のバストアップに非常に有効なトレーニングです。

■ダンベルプルオーバーのやり方とポイント

●胸郭を広げるには肘を伸ばして行う

こちらが、ダンベルプルオーバーの基本的な動作の動画です。ダンベルプルオーバーは、背中の筋肉である広背筋と胸の筋肉である大胸筋を同時に鍛えることのできる種目です。

胸郭を広げるために行う場合は、肘を伸ばして行うのが基本的なやり方です。

●息を大きくためたままで動作を行う

通常の筋トレでは、ダンベルを上げながら息を吐き、戻しながら息を吸うのが基本ですが、胸郭を広げるために行うダンベルプルオーバーでは、大きく息をためたまま動作を行い、肋骨を内側から加圧することが重要です。

●大胸筋狙いなら肘を少し曲げて行う

こちらが、胸に主体を置いたダンベルプルオーバーで、肘をやや外に開きながら曲げて動作を行うことで、大胸筋に負荷が集中します。

◆ダンベルプルオーバーのやり方と動作ポイント

①ベンチに仰向けになり、肘を曲げてダンベルを胸の上で構える

②肩甲骨を寄せながら、肘を曲げたままダンベルを頭の後ろに下ろす

③肘を曲げたまま、肩甲骨を開きながらダンベルを上げていく

④ダンベルを元の位置まで上げたら、肘を絞り、やや顎を引いて大胸筋を完全収縮させる

◆ワンポイントアドバイス

大胸筋に効かせるためには、動作中常に胸の筋肉の動きを意識するようにしてください。

■バストアップ筋トレの負荷回数設定

バストアップ筋トレは通常のダイエット筋トレと異なり、持久筋ではなく速筋のなかのFOタイプと呼ばれる、ほどよく筋肥大する筋繊維をターゲットにします。このため、ダイエット筋トレのような20回の負荷回数設定ではなく、15回の反復動作で限界がくる負荷設定にする必要があります。

■ダンベルプルオーバーにおすすめの器具

●アーミーダンベル

アーミーダンベルは転がらない形状をしている上、表面がコーティングされているので家具や床を傷つけず、また、錆もつかないので自宅でのダンベル筋トレに最適です。ウエイトを脱着することで重量設定もできますので、鉄アレイをいくつも買い揃えるより経済的です。

▼おすすめダンベル

●トレーニングベンチ

トレーニングベンチがあると、一気にダンベルトレーニングの種目の幅が広がります。

▼おすすめフラットベンチ

■ダイエット筋トレにおすすめの食品

ダイエットはトレーニング(運動)だけでなく、適切なカロリーカットを同時に行ってこそ成果が出ます。下記の記事では、カロリーが低めに設定された、おすすめの食品をご紹介していますので、是非ご活用ください。

▼おすすめの食品

■筋肉の名称と作用

身体を鍛えていく上で、まず理解したいのが全身の主な筋肉の名称と作用です。それぞれの筋肉の役割を知ることで、効率のよいトレーニングを行うことが可能になります。

▼筋肉名称デジタル図鑑

【筋肉名称デジタル図鑑】各部位の名前・作用・筋トレ方法(鍛え方)

■身体を鍛えたら食事にも気を使う

筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介

■筋トレについて調べる


■SlimBody

▼トップページはこちら▼

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする