【バーベルプルオーバー】大胸筋と背筋それぞれに効かせるフォームの違いを解説

バーベルプルオーバーは、拮抗する筋肉である大胸筋と背筋群の両方に効果のある少し特殊な筋トレ種目ですが、フォームによって効果のある部位が変化します。

そのそれぞれのフォームの違いについて解説します。

■バーベルプルオーバーが効果のある筋肉部位

こちらの動画は、バーベルプルオーバーを行った時の体幹上半身の筋肉(主に大胸筋と広背筋)の収縮の様子を再現したCG動画です。

動画を見ていただければわかるように、大胸筋と広背筋が単一動作で同時に収縮しています。

このことから、バーベルプルオーバーは大胸筋と背筋群に効果があると言えます。

■大胸筋と背筋それぞれに効くフォーム

大胸筋と背筋群に効くバーベルプルオーバーそれぞれのフォームの差異のなかで、もっとも大きなポイントが肘を伸ばすか曲げるかという点です。

上の画像左のように肘を伸ばした場合は背筋群に負荷が高まり、画像右のように肘を曲げた場合は大胸筋への負荷が高まります。

とくに大胸筋狙いの肘を曲げたプルオーバーは、ベントアームプルオーバーとも呼ばれます。

■バーベルプルオーバーの動画とやり方

こちらの動画が、広背筋を中心とした背中の筋肉に効果的なバーベルプルオーバーのフォームです。フォームだけでなく、背筋群を意識して動作を行うことも大切です。

こちらは、大胸筋に効果の高いベントアームプルオーバーの模範的な動画です。ストレートバーではなく、動画のようにWバーを使うほうが効かせやすくておすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする