アンダーアーマーアウトレット

【ドロップセット法】筋肥大に最適な追い込み筋トレメソッドを具体的に解説

ドロップセット法は、ディセンディングセット法とも呼ばれる筋トレメソッドで、セット中に限界がきたら使用重量を落としてセットを継続する方法です。

ドロップセット法は、筋力向上よりも筋肥大に適したトレーニング方法で、多くのボディービルダーに愛用されている筋トレテクニックです。

スポンサーリンク

■ドロップセット法のメリット

ドロップセット法のメリットは、補助者がいない単独トレーニングでも筋肉を追い込むことが可能なことです。

特に限界がきてからウエイトを外す・変更するのにあまり手間がかからないバーベルやウエイトスタックマシンに向いています。

ダンベルではウエイト変更にかなり時間がかかってしまうので、複数の重さの違うダンベルをあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■ドロップセット法の具体例

ベンチプレス80kg×10回が限界の場合を例に、ドロップセット法の具体例をご紹介します。

①1セット目
80kg×10回

②2セット目
80kg×8回

(ウエイト変更)

70kg×2回

③3セット目
80kg×6回

(ウエイト変更)

70kg×2回

(ウエイト変更)

60kg×2回

■筋トレについて調べる


■その他の筋トレメソッド

筋肉を効果的かつ効率的に追い込むさまざまなメソッドに関しては、下記の記事にまとめましたので、是非ご参照ください。

▼関連記事

【筋トレ効果を高めるコツ】停滞期を3ヶ月で突破し成果を出す7つの方法

シェアする

フォローする