【上腕のバーベル筋トレ】上腕二頭筋・上腕三頭筋の部位別の鍛え方を解説

上腕の筋肉=上腕二頭筋・上腕三頭筋を鍛える基本的な方法であるバーベルでの筋トレのやり方を、それぞれの筋肉の部位別に詳しく解説します。

■上腕の筋肉の構造と作用

上腕の筋肉には屈筋群(肘を曲げる筋肉)と伸筋群(肘を伸ばす筋肉)があり、前者は上腕二頭筋を中心に、後者は上腕三頭筋を中心に構成されています。

上腕二頭筋は長頭と短頭から構成されており、その作用は以下の通りです。

○上腕二頭筋長頭:肘関節の屈曲

○上腕二頭筋短頭:肘関節の屈曲と前腕の回外

また、肘関節基部には上腕筋があり、上腕二頭筋と共働して肘関節を屈曲させています。上腕筋は筋量の少ない筋肉ですが、半羽根状構造と呼ばれる収縮力の強い構造をしており、肘関節屈曲の筋力面での主働筋です。

上腕三頭筋は長頭と短頭(内側頭・外側頭)から構成されており、その作用は以下の通りです。

○上腕三頭筋長頭:肘関節の伸展と上腕の内転

○上腕三頭筋外側頭:肘関節の伸展

○上腕三頭筋内側頭:外側頭の補助筋

また、上腕伸筋群には肘筋と呼ばれる補助筋もあり、上腕三頭筋と共働しています。

■上腕二頭筋全体に効果のあるバーベル筋トレ

●バーベルカール

上腕二頭筋全体に効果的な基本となるバーベル筋トレがバーベルカールです。肘を体側でしっかりと固定し、反動を使わずに上げる時も下ろす時もしっかりとコントロールして行ってください。

■上腕二頭筋長頭に効果のあるバーベル筋トレ

●EZバーカール

上腕二頭筋長頭に効果の高いのが、EZバーを使ったバーベルカールです。EZバーによりグリップが縦向きになるので上腕二頭筋長頭に対してより強い負荷がかかります。

●EZバーリバースカール

上腕二頭筋長頭だけでなく上腕筋にも効果的な種目がEZバーを使ったリバースカールです。なお、高重量で行う場合は、バーベル落下防止と限界までの追い込みのためにリストストラップを使用することをおすすめします。

■上腕二頭筋短頭に効果のあるバーベル筋トレ

●バーベルドラッグカール

上腕二頭筋短頭に効果的で、腕のピークを作るのにおすすめなのがバーベルドラッグカールです。

カール系種目は基本的に肘関節を固定して行うアイソレーション種目(単関節運動)ですが、このドラッグカールにおいては動作途中から肘を後ろに引き(肩関節も使い)、より強く上腕二頭筋短頭を収縮させるコンパウンド種目(複合関節種目)となっています。

■上腕三頭筋全体に効果のあるバーベル筋トレ

●ナローベンチプレス(クローズグリップベンチプレス)

上腕三頭筋全体に高い効果のある種目がクローズグリップで行うナローベンチプレスです。なお、本種目はコンパウンド種目ですので、他の上腕三頭筋トレーニング種目より先に行ってください。

■上腕三頭筋長頭に効果のあるバーベル筋トレ

●シーテッドフレンチプレス

肘を閉じて固定しやすいため、シーテッドフレンチプレスは上腕三頭筋長頭のトレーニングとして最適です。フィニッシュでは肘を伸ばすというよりも押しあげるイメージで行ったほうが、より長頭に効果的です。

■上腕三頭筋短頭に効果のあるバーベル筋トレ

●ライイングフレンチプレス

肘を開いた状態でも体勢が安定しやすいため、ライイングフレンチプレスは上腕三頭筋短頭のトレーニング種目としておすすめです。フィニッシュで拳を外側に押し広げるイメージで行うと、さらに短頭に効果的です。

■この記事を読んだ人におすすめの記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする