末尾に毎週更新のお得品情報あり

【ダンベルフライ女性版】バストアップ筋トレの仕上げに最適な方法を解説


バストアップトレーニングの仕上げ筋トレとして欠かせないのがダンベルフライですが、その正しいやり方・フォームとベンチがない場合の床での行い方を動画をまじえて解説します。

■ダンベルフライが効果のある筋肉部位

ダンベルフライは、胸の筋肉・大胸筋のなかでも内側に効果があります。

■ダンベルフライの女性への効果

ダンベルフライは大胸筋内側の作用である「前方で腕を閉じる」動作のトレーニングなので、大胸筋内側に高い効果があります。

大胸筋内側を鍛えて筋密度を上げると、バストアップに重要な「寄せる」効果があります。

■ダンベルフライの動画とやり方

こちらが模範的なダンベルフライの動画です。できるだけダンベルを下ろして大胸筋を最大伸展させるのがポイントです。

また、肩関節保護のため、ダンベルが肩のラインより頭側にならないよう(ヘソよりで動作する)に気をつけてください。

■床で行うダンベルフライ

ベンチ類がなければ、ダンベルフライを床で行うことも可能です。

ただし、可動域が狭くなるぶん効果が弱めになるので、座布団などを併用するとよいでしょう。

■大胸筋上部内側に効果的なインクラインダンベルフライ

大胸筋の内側上部を集中的に鍛えることができ、女性のバストアップに最適な種目がインクラインダンベルフライです。

腕を閉じた後に、やや上にダンベルを押し上げるようにするとさらに効果的です。

なお、インクラインベンチが一台あると、自宅トレーニングの幅が広がり便利です。

■バランスボールを使ったインクラインダンベルフライ

また、インクラインベンチのかわりにバランスボールを使って大胸筋の内側上部を鍛えることも可能です。

■さらに詳しいダンベルバストアップ筋トレ

さらに詳しい「寄せて上げる」ダンベルバストアップ筋トレは、下記の記事をご参照ください。

▼関連記事

■ダンベルフライにおすすめの器具類

▼おすすめのダンベル

▼おすすめのバランスボール

▼おすすめのトレーニングベンチ

■ダイエット筋トレにおすすめの低糖質食品

ダイエットはトレーニング(運動)だけでなく、適切なカロリーカットを同時に行ってこそ成果が出ます。下記の記事では、ある程度食べても大丈夫な、おすすめの低糖質食品をご紹介していますので、是非ご活用ください。

▼おすすめの低糖質食品

■SlimBody

▼トップページはこちら▼

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする