【ケーブルフェイスプル】リアデルタを集中的に鍛えるマシン筋トレを解説

ケーブルフェイスプルは三角筋後部を個別に鍛えるのに最適なケーブルマシン筋トレ種目です。そのやり方を動画をまじえて解説します。

■ケーブルフェイスプルが効果のある筋肉部位

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

ケーブルフェイスプルは三角筋のなかでも後部を個別に鍛えることができる種目です。背筋群のトレーニング後の仕上げ種目としておすすめです。

-------【人気記事PR】-------

スポンサーリンク

---------------------

■ケーブルフェイスプルの動画とやり方

こちらがケーブルフェイスプルの模範的な動画です。肘が手より上になるように動作をするのがポイントです。

肘が下がると三角筋後部ではなく背筋群に刺激が逃げてしまうので注意してください。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

ケーブルフェイスプルの動作ポイントは、肘を先行させて動かすことです。

また、三角筋後部は小さな筋肉ですので、重量は追求せず、完全にコントロールできる軽めの重量で正しいフォームで効かせるようにしてください。

高重量で行うと、どうしても引く寄せる位置が低くなり、背筋のトレーニングになってしまいがちです。

■ケーブルフェイスプルの順番と回数設定

ケーブルフェイスプルは三角筋後部の軽負荷単関節種目ですので、背筋トレーニングの後に行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼マシントレーニングなら

▼三角筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする