アンダーアーマーアウトレット

【マッスルアップ】上半身全てに効果的なハイブリッド自重筋トレ

マッスルアップは懸垂動作から、バーより上に身体を持ち上げる動作に移行することで上半身の引く筋肉だけでなく、上半身の押す筋肉にも効果のある自重トレーニングです。

動作を行うのには筋力だけでなくテクニックの要素も多いのですが、そのやり方とコツを動画や画像をまじえて解説します。

■マッスルアップが効果のある筋肉部位

マッスルアップのなかでも、バーの高さまで身体を引き上げる動作において、上半身の引く筋肉群=僧帽筋・広背筋・上腕二頭筋に効果があります。

また、バーより上に身体を押し上げる動作のなかで、上半身の押す筋肉群=大胸筋・三角筋・上腕三頭筋にも効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■マッスルアップの動画

こちらがマッスルアップの模範的な動画です。マッスルアップの基本となるのは上半身の総合的な筋力ですが、本種目は筋力だけで行うわけではなく、動作のなかで上手く反動や重心の移動といったテクニックを使う必要があります。

■マッスルアップのコツ

マッスルアップの動作のコツを画像にしましたのでご参照ください。そのコツとは以下の通りです。

①後方にスイングしながら身体を引き上げる(反動の利用)

②足を上げることで重心を上方へ移動させる(重心の移動)

③背中を丸め一気にバーの上に身体を上げる(重心の移動)

初動が似ているため、マッスルアップが懸垂の一つのように考えられることも少なくありませんが、基本的に全く違う運動だと考えてください。懸垂の基本動作=「勢いを使わず胸を張り背中を反らせる」体勢ではバーの高さを越えることは不可能です。

あくまでも、反動の利用からの重心移動がポイントです。

■筋トレについて調べる


■マッスルアップのグリップ


↑オルタネイトグリップ


↑フォールスグリップ

マッスルアップが懸垂と異なるのは動作だけでなくグリップ方法もです。懸垂の主なグリップ方法は順手または逆手ですが、マッスアップではオルタネイトグリップまたはフォールスグリップが基本となります。

▼懸垂なら

▼自重トレーニングなら

▼筋トレの全てはこちら

シェアする

フォローする