【バーベルドラッグカール】カール系で唯一のコンパウンド種目を解説

カール系種目には様々なバリエーションがありますが、そのなかでも特殊な部類に入るのがドラッグカールで、カール系種目としては唯一のコンパウンド種目(複合関節種目)です。

このやり方を動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

■バーベルドラッグカールが効果のある筋肉部位

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

バーベルドラッグカールは上腕二頭筋に効果のあるトレーニング種目ですが、なかでも短頭に高い効果があります。また、二次的に僧帽筋にも効果的です。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■バーベルドラッグカールの動画とやり方

バーベルドラッグカールは、この動画のように肘を後ろに引いてから肘を屈曲させ、胸の高さまでバーベルを引き上げます。この時に上腕二頭筋短頭が非常に強く収縮します。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

バーベルドラッグカールは通常のバーベルカールよりも高重量で行えますが、あまりに重く設定しすぎるとバーベルショルダーシュラッグのようになり、上腕二頭筋への効果が少なくなります。

あくまでも、完全に肘を曲げられる重さで行ってください。

■バーベルドラッグカールの順番と回数設定

バーベルドラッグカールは上腕二頭筋の複合関節種目なので、背筋のプル系種目などの後、上腕二頭筋の単関節運動(通常のカール系種目)の前に行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼バーベルトレーニングなら

▼上腕二頭筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら