【リバースカール&リストハンマー】腕力のベースとなる腕橈骨筋の鍛え方

腕を鍛えるなら、見かけだけでなく腕力もしっかり鍛えたいですよね。腕力と言えば上腕二頭筋、という認識が一般的ですが、実は腕力のベースとなるのは腕橈骨筋(上図の前腕の筋肉)と呼ばれる前腕筋群最大の筋肉と、上腕筋と呼ばれる肘関節基部にある半羽状筋です(下図)。

このことは、腕力のスポーツであるアームレスリングの世界では広く知られ、多くのアームレスラーはこの二つの筋肉を鍛えているのですが、一般的にはまだまだ知られていません。

なお、上腕筋を鍛えるのに最適なハンマーカールに関しては、下記の記事で詳しく解説していますので、そちらをご参照ください。

▼関連記事

■腕橈骨筋の構造と作用

腕橈骨筋は肘関節基部から手首関節基部にかけて位置する前腕筋群のなかでも最大の筋肉で、肘関節の屈曲と前腕の回旋の作用があります。

なお、肘関節の屈曲時には上腕二頭筋・上腕筋と共働し、前腕の回外時には上腕二頭筋短頭と共働します。

■腕橈骨筋はどうやって鍛える?

●屈曲にはリバースカールが効率的

腕橈骨筋を鍛えるのに最適な種目の一つがリバースカールです。

これは特に上腕筋と共働する作用である肘関節屈曲の腕力に重要となります。

ストレートバーでも行えますが、理想的な手の角度は手の甲が八の字になる状態です。このためには、WバーやEZバーの使用がおすすめです。

●回旋にはリストハンマーがおすすめ

一方、回旋運動における腕橈骨筋を鍛えるのに最適な種目が。この動画のようなリストハンマーで、前腕の回旋力が重要なアームレスラーが好んで行う種目でもあります。

このほかにも、縦に手首を上下させる方法でも鍛えることが可能です。

▼この記事を読んだ人におすすめの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする