【アームブラスター】反動筋トレさようなら|上腕二頭筋を鍛える優秀グッズ

上腕二頭筋のトレーニングと言えばアームカール系の筋トレが定番ですが、ありがちなのがコントロールできない高重量を反動を使って振り回すやり方です。

このようなやり方は、心は満たされますが、肝心の上腕二頭筋にはさっぱり効きません。

もっと言えば、中途半端な背筋トレーニングをしているだけ、ということにもなりかねません。

そんな、反動トレーニングに別れを告げる、秀逸な上腕二頭筋トレーニンググッズ「アームブラスター」をご紹介します。

■上腕二頭筋の構造と作用

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

上腕二頭筋は長頭と短頭に分けられ、そのそれぞれの作用は以下の通りです。

○上腕二頭筋長頭:肘関節の屈曲

○上腕二頭筋短頭:肘関節の屈曲および前腕の回外

-------【人気記事PR】-------

スポンサーリンク

---------------------

■これがアームブラスターだ

こちらが、実際にアームブラスターを使ってバーベルカールを行っている動画です。

こちらも、アームブラスターの動画です。

筆者もアームレスラーとして長年にわたり上腕二頭筋はかなり鍛えてきたので、はっきり断言します。

反動カールでは腕はちっとも強くも太くもなりません。

■アームブラスターの利点とは

●カール台がなくてもストリクトに鍛えることが可能

上腕二頭筋をストリクトに鍛えるトレーニング方法と言えば、有名なのがカール台を使ったプリチャーカール(スコットカール)です。


ファイティングロード カールベンチ-TRUST

もちろん、行うためにはカール台が必要です。しかし、カール台を設置するためには、それなりの費用と空間(約一畳ほど)が必要になります。

自宅トレーニングの場合、ホームジム規模の場所がなければ、カール台の設置は現実的ではないでしょう。

そこで、カール台にかわり非常に便利でリーズナブルなのがアームブラスターなのです。


Goliath Labs アームブラスター ArmBlaster

カール台より素晴らしいとは言いませんが、安価にそれに近い効果が確実に得られます。

筆者も若い頃は愛用していましたが、ジムを運営するようになってからはカール台を設置していますので、そちらを使用しています。

しかし、費用と空間が準備できない、という方には圧倒的におすすめです。

■アームブラスター使用の注意点

アームブラスターの使用において、最も注意するべき点は、バーベルをラックする場所を確保してからトレーニングを開始するということです(または補助者をつける)。

アームブラスターを使って限界までストリクトに上腕二頭筋を追い込んだ場合、セット終了時はバーベルを握り、腕が伸びて動かすことができない状況です。

バーベルをラックする場所がなければ、バーベルを持ったまま困ってしまいます。

▼この記事を読んだ人におすすめの記事

▼発想の効率的筋トレ

▼筋トレの全てを解説

スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする