末尾に毎週更新のお得品情報あり

【ダンベルプルオーバー】その肘の角度であってる?大胸筋と広背筋への効かせ方の違い

ダンベルプルオーバーはフォームによって大胸筋にも広背筋にも効果のある変わった種目です。大胸筋に対しては数少ない縦方向の刺激が与えられ、また、背筋トレーニングそしては、数少ない「上から腕を引かなくても広背筋に効く」種目で懸垂設備のないトレーニング環境で広背筋を鍛えるのに重宝します。

ただし、動作がやや難しく、大胸筋に対して効果のあるフォームと広背筋に対して効果のあるフォームの違いを認識していなければ、「どっちつかずの筋トレ」になってしまいます。

そのフォームのポイントは肘の角度にありますので、ご紹介します。。

■ダンベルプルオーバーが効果のある筋肉部位

●大胸筋と広背筋に効果がある

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●広背筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:こうはいきん
英語名称:latissimus dorsi muscle
部位詳細:上部下部
起始:下位第6胸椎~第5腰椎の棘突起・肩甲骨下角第9~12肋骨正中仙骨稜・腸骨稜後方
停止:上腕骨小結節稜

ダンベルプルオーバーは冒頭で述べたとおり、大胸筋と広背筋に効果があります。ただし、同時に効果があるわけではなく、大胸筋を狙ったフォームで行えば大胸筋に、広背筋を狙ったフォームで行えば広背筋に効果があるということです。

-------【人気記事PR】-------

---------------------

■大胸筋を鍛えるダンベルプルオーバー

この二つの動画が、典型的な大胸筋を鍛えるためのダンベルプルオーバーです。

■広背筋に効果のあるダンベルプルオーバー

そして、こちらの二つの動画が広背筋に対して効果のあるダンベルプルオーバーのフォームです。

違いがおわかりでしょうか?

■ダンベルプルオーバー時の各筋肉の動作

続いて、こちらの動画をご覧ください。ダンベルプルオーバー時の大胸筋と広背筋の動きが視覚的にわかりやすい動画です。

●肘を曲げて開くと大胸筋・伸ばして閉じると広背筋

大胸筋にダンベルプルオーバーを効かせる時は、肘を曲げて内側に絞る(閉じる)のが正しいやり方です。そして、ダンベルを身体の上に戻しながら、肘を伸ばしていき、最後には大胸筋を収縮させてダンベルを押し上げる動作をします。

一方、広背筋にダンベルプルオーバーを効かせる時は、動作の間は常に肘を伸ばし、ダンベルを身体の上に戻しながら肩甲骨を寄せて、広背筋を収縮させる動作をします。

まとめると、肘を曲げて閉じると大胸筋に効き、肘を伸ばして開くと広背筋に効くというのが、それぞれのフォームです。

■バストアップにも効果的なダンベルプルオーバー

大胸筋を狙ったダンベルプルオーバーは、バストアップの効果の高いことから女性にも人気の種目です。手の平に乗せるようにダンベルを保持し、最後に押し上げる動作を強く意識して行うとよいでしょう。

■ダンベルプルオーバーを上手くコントロールするには

●とにかくやってみて慣れるのが近道

ここまで、ダンベルプルオーバーの大胸筋・広背筋それぞれの効かせ方の違いを解説してきましたが、とても微妙な違いであり、意識の仕方で効き具合も変わってきます。

この種目に関しては、とにかくやってみて、体感して、慣れていただくのが最適です。

▼おすすめのダンベル

▼この記事を読んだ人におすすめの記事

▼発想の効率的筋トレ

▼筋トレの全てはこちら

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする