アンダーアーマーアウトレット

【上腕三頭筋長頭の鍛え方】腕部最大の筋肉の筋トレ方法

上腕後部内側に位置する上腕三頭筋長頭は、上腕の筋肉群のなかでも最大の体積がある筋肉で、なおかつ体幹と直接接合しているため、腕の外見的な太さだけでなくスポーツ競技の能力にも大きく関わる筋肉です。

その上腕三頭筋長頭の鍛え方を、自重トレーニング・ダンベル筋トレ・バーベル筋トレ・マシントレーニングの各筋トレ方法からご紹介します。

スポンサーリンク

■上腕三頭筋の構造

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

●上腕三頭筋長頭の作用

上腕三頭筋長頭は上腕三頭筋体側側に位置しており、肩関節の内転(腕を閉じる動作)と肘関節の伸展の作用があります。また、前腕を回内(右腕なら反時計回り)するときに強く収縮する特性があります。

これらの事を踏まえた上でトレーニングを行っていってください。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■上腕三頭筋長頭の自重トレーニング

●ベンチディップス

上腕三頭筋長頭に対して効果の高い自重トレーニングがベンチディップスです。

通常の腕立て伏せやナロー腕立て伏せと違い、完全に上腕を内転(閉じた)した状態で肘関節を伸展させることが可能です。

なお、せっかくの内転状態を維持するためにも、肘はできるだけ閉じて動作するようにしてください。

■上腕三頭筋長頭のダンベル筋トレ

●ダンベルキックバック

ダンベルを使って上腕三頭筋長頭を効率的に鍛えられるのがダンベルキックバックです。

この種目も、完全に上腕を内転させた状態で肘関節の伸展を行うことがポイントです。肘は身体に沿わせてしっかり固定してください。

なお、フィニッシュポジションで前腕を回内(手の平を上に向ける)させると上腕三頭筋長頭が完全収縮して、さらに効果的です。

■上腕三頭筋長頭のバーベル筋トレ

●EZバートライセプスエクステンション

上腕三頭筋長頭に効果の高いバーベル筋トレが、EZバーを使ったトライセプスエクステンション(フレンチプレス)です。

EZバーはグリップの仕方で腕の動作角度が変わりますが、手幅が狭く肘が閉じるようにグリップを調整してください。

■上腕三頭筋長頭のマシントレーニング

●ローププレスダウン

ケーブルマシンで上腕三頭筋長頭を鍛えることのできるのが、ロープアタッチメントを使用したトライセプスプレスダウンです。

肘を伸ばしながら回内(手の平を後ろに向ける)させると上腕三頭筋長頭が完全に収縮するので、さらに効果的です。

ロープアタッチメントには、上腕二頭筋用の短いものもありますが、上腕三頭筋用の長いタイプを使用してください。

■筋トレについて調べる


■この記事を読んだ人におすすめの記事

シェアする

フォローする