【スミスマシンデッドリフト】背筋を総合的に鍛えられるマシン筋トレ

スミスマシンデッドリフトは背筋全体に効果の高いマシントレーニングです。そのやり方を動画をまじえて解説します。

■スミスマシンデッドリフトが効果のある筋肉部位

●広背筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:こうはいきん
英語名称:latissimus dorsi muscle
部位詳細:上部下部
起始:下位第6胸椎~第5腰椎の棘突起・肩甲骨下角第9~12肋骨正中仙骨稜・腸骨稜後方
停止:上腕骨小結節稜

●僧帽筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:そうぼうきん
英語名称:trapezius muscle
部位詳細:上部中部下部
起始:後頭骨上項線・外後頭隆起・頚椎棘突起第7頚椎・第1~3胸椎棘突起第4~12胸椎棘突起
停止:肩甲棘・肩峰

●長背筋群・脊柱起立筋の英語名称・構造・部位詳細


読みかた:せきちゅうきりつきん
英語名称:erector spinae muscle
部位詳細:腸肋筋最長筋棘筋
長背筋群=脊柱起立筋+多裂筋+回旋筋など

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

スミスマシンデッドリフトは僧帽筋・広背筋・長背筋・上腕二頭筋などの上半身の引く筋肉に効果がありますが、なかでも僧帽筋・広背筋・長背筋に効果のある、背筋トレーニングの基本種目の一つです。

-------【人気記事PR】-------

スポンサーリンク

---------------------

■スミスマシンデッドリフトの動画とやり方

こちらがスミスマシンデッドリフトの模範的な動画です。膝をつま先より前に出さないように注意し、胸を張り背中を反らせて行ってください。

バーは太ももに沿わせるように上げるのがコツです。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

スミスマシンはレールによって軌道が一直線に固定されています。フリーウエイトのデッドリフトは、実は一直線ではなく後方に傾いたカーブ軌道を描きます。

この差異を理解せずにスミスマシンデッドリフトを行うと腰に大きな負担がかかります。スミスマシンでデッドリフトを行う場合は、ほんの少し前よりに足を置くか、フルレンジは避けてハーフデッドリフトにすることをおすすめします。

■スミスマシンデッドリフトの順番と回数設定

スミスマシンデッドリフトは背筋群の高重量複合関節種目なので、他の背筋群トレーニングよりも先に行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼マシントレーニングなら

▼背筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする