ハヤテの戦闘記録9:最後の一戦とムエタイハイと悲劇的結末 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

ハヤテの戦闘記録9:最後の一戦とムエタイハイと悲劇的結末

トレーニング情報について調べる

JapanOpen国際を連覇V4で終え、幸先のよいスタートをきった、ハヤテにとって中学生最後のシーズンでした。

この年はSNSで知り合ったムエタイ全日本王者の方とも交流ができ、これまでの空手ベースの我流テコンドーに加え、ムエタイの縦回転ミドルやムチのようなムエタイハイも吸収し、過去最強の状態になったハヤテでした。いただいたムエタイのお守り・パープラチアットを片腕に巻き、このシーズンは戦いました。

全日本ジュニアの予選となる愛知県選手権では、初となる電子防具の対応に戸惑ったものの、決勝に進出しました。

決勝の対戦相手は、早々に電子防具を練習に導入していた愛知県名門道場の選手でした。

慣れない電子防具のミドル攻防に苦戦し、リードされたものの、中盤に後頭部への半月蹴りを直撃させ、ダメージのある相手をそのまま撃破しました。

前年の全日本ジュニアメダリスト、JapanOpen国際連覇王者、愛知県王者……

本人もまわりも全日本チャンピオンしかないと考える状況での全日本ジュニア臨戦となりましたが、成長期に入り伸び続ける身長のなかで階級リミットに体重を落とすのは、地獄のような日々でした。

学校給食も特別に取り止め、体脂肪率5%以下の測定不能まで絞りこみ、中学生最後で最大の一戦をむかえました。

むかえた緒戦、それは起こりました。

ハヤテの撃った渾身のムエタイハイが、僅かに逸れ、相手の脊椎を直撃、相手は救急搬送でハヤテは失格。

あっけないほどに、全てをロストしたハヤテでした。

対戦相手は、その後、競技界から姿を消してしまい、どうなったか今でも胸を痛めています。

敗戦後、ぽっかりと心に穴があいた日々でしたが、高校受験を含め、今後の進路を決めないといけないハヤテに、僕が聞いたのは……

「心中の虎は死んでないか?」でした。

ハヤテの答えは「生きている」でした。

この後、地域の最進学高校受験のため、半年間の競技休養に入ったハヤテでした。

▼関連記事

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする