ハヤテの戦闘記録2:一所懸命の意味と全日本ジュニアメダル初奪取 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

ハヤテの戦闘記録2:一所懸命の意味と全日本ジュニアメダル初奪取

トレーニング情報について調べる

小学校2年生でテコンドーに転向し、その翌年には東海オープン優勝から全日本ジュニア初出場ベスト8と幸先のよいスタートをきったハヤテでした。

しかし、何事も甘くはありません。その翌年の小学校4年では愛知県選手権3位とすれすれで全日本ジュニア出場権を得たものの、初戦で敗退し、以後その年は何も戦績は残せませんでした。

小学校5年生になり、勝つためにますます練習は厳しくなりましたが、愛知県選手権2位、WATA Japan Open国際初優勝と好成績で全日本ジュニアに臨むことになりました。

今、見ると、「まだ子供じゃないか」と思えるほど幼いハヤテですが、全日本ジュニア臨戦にあたり当時の彼に僕が伝えたのは「一所懸命」の意味でした。

「テコンドーへ転向し、結果が残せなければ負け犬。他にいく所はない、命を懸けて戦え。だめならば……」

その先は書きませんが、暴言ともとれる言葉に最大の夫婦喧嘩になったのを覚えています。

少なくとも、子供とは言え、男が戦うにおいての覚悟は理解したハヤテでした。

向かえた全日本ジュニアの動画です。動画のはじめは二回戦と三回戦……この頃から芽を出しつつあった左ハイで試合を決め、準々決勝(メダルマッチ)に進みます。

三回戦で左足を大きく痛めたハヤテでしたが、準々決勝のコートでセコンドとして僕が彼にかけた言葉は……

「勝って、人生を変えてこい」でした。

左ハイが使えない彼が試合を決めた一撃は、フルスイングの右ミドル……

その時のバトルソックスはジムに飾ってありますが、相手の防具の青色が焼けついて残っています。

戦後、伊勢市長表敬訪問、新聞取材、テレビ出演と、僕も先生も随分誇らしい思いをさせてもらいました。

大きくなってから、この日のことを「勝つことの意味を知った日」と言っているハヤテです。

▼関連記事

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする