ハヤテの戦闘記録1:拳を固めた日とはじまりの言葉 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

ハヤテの戦闘記録1:拳を固めた日とはじまりの言葉

トレーニング情報について調べる

様々な事情から一度は息子ハヤテの成長記録≒「ハヤテの戦闘記録」を全て削除しました。

まだ高2ながら五輪代表選考会や一般全日本選手権にも出場し、想像以上に注視される身であり、戦う相手も影響力のある有名選手ばかりになってきましたので。

しかし、彼は東京に進学する予定なので、ハヤテと過ごすのも後一年…

幼年期から片田舎で僕、ハヤテ、先生、三人四脚で進んできた記録は、どうしても残しておきたく思い、また、一から書き直すことにしました。

ハヤテが格闘技を目指したのは、彼が保育園の年長の時でした。動機は仮面ライダーに憧れてでした。

地元の空手道場に入門したものの、地方でも勝てず…転機となったのは小学校3年生…テコンドー光武塾との出会いでした。

それが、彼にとって本当のはじまりの日…光武塾の先生からいただいた「はじまりの言葉」は、「相手が倒れるか、審判が止めるまで撃って撃って撃ち続けろ」…

パンチ主体の空手スタイルから徹底的にキック主体のテコンドースタイルに切り替え勝てるようになっていきました。

この動画は、テコンドースタイルで臨み制覇したフルコン空手三重県選手権(当時、空手は最後のつもりでした)にはじまり、小学校時代の各テコンドー選手権へと続きます。

その後、動画は対空手戦の記録へと続きますが、この厳しい戦いには理由がありました。

小学校5年で全日本ジュニアテコンドー選手権で初のメダル奪取、地元のマスコミ取材などもありましたが、空手関係からささやかれた評価は「テコンドーに逃げた」でした。

ですので、小学校卒業までの2年間、強さを証明するために、フルコン空手の試合に数多く出場し対空手戦を制してきました。

動画の最後は中学生時代の記録です。

全日本ジュニアテコンドー選手権のメダル再奪取、日本代表としての国際戦などです。

今後、時々、印象的だった試合などを更新していきますので、よろしくお付き合いください。

▼関連記事

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする