末尾に毎週更新のお得品情報あり

【デクラインダンベルプレス】大胸筋下部のダンベル筋トレを解説

大胸筋下部に効果の高いダンベル筋トレ種目のデクラインダンベルプレスについて、そのやり方を動画をまじえて解説します。

■デクラインダンベルプレスが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

デクラインダンベルプレスは大胸筋を中心に三角筋や上腕三頭筋といった上半身の押す筋肉に効果がありますが、なかでも大胸筋下部に効果の高いトレーニング方法です。

-------【人気記事PR】-------

---------------------

■デクラインダンベルプレスの動画とやり方

こちらがデクラインダンベルプレスの模範的な動画です。肩甲骨を寄せて大胸筋下部に意識を集中して行ってください。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

デクラインダンベルプレスは、セット終盤でやや腰を浮かせるようなブリッジをする事でセルフ補助を行い、限界まで追い込むチーティングテクニックを行うことが可能です。

■デクラインダンベルプレスの順番と回数設定

デクラインダンベルプレスは、大胸筋の複合関節種目ですので、大胸筋トレーニングの序盤に行い、その後にフライ系種目や三角筋・上腕三頭筋種目を行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼おすすめのダンベル

▼ダンベル筋トレなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

■毎週更新の人気記事

▼毎週土曜日|最新情報に更新▼


スポンサーリンク




▼おすすめ記事▼






シェアする

フォローする