【ダンベルリアラテラルレイズ】三角筋後部に効果的な鍛え方 | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【ダンベルリアラテラルレイズ】三角筋後部に効果的な鍛え方

トレーニング情報について調べる

ダンベルリアラテラルレイズは三角筋のなかでも後部を集中的に鍛えることのできるダンベルトレーニング種目です。そのやり方を動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■ダンベルリアラテラルレイズが効果のある筋肉部位

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘

ダンベルリアラテラルレイズは三角筋のなかでも三角筋後部(リアデルタ)に効果のある筋トレ方法です。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■ダンベルリアラテラルレイズの動画とやり方

こちらがダンベルリアラテラルレイズの模範的な動画です。腰痛などで動画のようなニーベントスタイルがとりにくい方は、頭を何かに乗せて行うとよいでしょう。

◆ダンベルリアラテラルレイズのやり方と動作ポイント

①背すじを伸ばして前傾姿勢を作り、腕を伸ばした位置でダンベルをグリップして構える

②上半身を反らせないように気をつけ、肘を伸ばしたまま、肩甲骨を寄せずにダンベルを後ろに上げていく

③ダンベルを肩の高さまで上げたら、ウエイトに耐えながら同じ軌道で元に戻る

◆ワンポイントアドバイス

上半身を反らせたり、肩甲骨を寄せる動作を行うと負荷が背筋群に逃げてしまうので注意してください。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

ダンベルリアラテラルレイズはかなり効かせるのが難しい種目です。三角筋後部は背筋群、特に僧帽筋と連動性が高いため、上手に効かせないと負荷が背筋へ逃げてしまいます。

三角筋後部に負荷を集中するためには、僧帽筋の主要な作用である「肩甲骨を寄せる」動きを極力抑えて動作することが大切です。

●上手く効かせられない場合はフェイスプルがおすすめ

ダンベルリアラテラルレイズが上手く効かせられない、という場合はこちらの動画のようなダンベルフェイスプルがおすすめの種目です。

動画ではインクラインベンチを使用していますが、ニーベントスタイルで自立して行うことも可能です。

この種目も、肩甲骨を寄せないように意識することがポイントになります。

■筋トレについて調べる


■ダンベルリアラテラルレイズの順番と回数設定

ダンベルリアラテラルレイズは上半身の引く筋肉グループのなかでも小さな筋肉である三角筋後部の単関節種目なので、プル系トレーニングの最後に行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:12回前後

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼おすすめのダンベル

▼ダンベル筋トレなら

▼三角筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする